出生図の水星逆行と太陽回帰の水星逆行



やっとこのブログの使い方がわかってきたTomomiです。

出生図の水星逆行

最近の鑑定では「出生図に水星逆行」を持つ方が続いていることから、雑感をまとめていきたいと思います。

先日、Twitterでこのようなつぶやきをしました。

ここで出てくる「本」とは「冥王星ー魂の進化成長の旅路ー」な訳ですが、、

私が冥王星にとても惹かれるのはきっと太陽以外の惑星すべてと冥王星がアスペクトを取っているから・・(;’∀’)

冥王星: 魂の進化成長の旅路

新品価格
¥3,153から
(2021/10/27 17:27時点)

逆行を持つ方が続いているからなのか、私自身も逆行のような力を感じていていつもなら沢山の情報に触れていても問題ないのですが、ここ最近は沢山の情報(SNSやニュースの情報だけでなく、読書も含めて)に触れるとキャパオーバーで頭が混乱します。

私自身は水星逆行はないので完全に理解することは難しいのですが、自分の子どもが持っているので観察をしてみると「興味のあるものにはすごい」ということが言えるのかな、と。

興味のないものには反応しないのは自己防衛でもあって、前世の体験の中で「もうやだーーーー!!」と悲鳴をあげたのかもしれない。

霊能者の愛美さんのツイートやブログにも「霊視・霊聴などの霊能力は身の危険を伴うから好き好んで選んで生まれてくる人は稀」と書かれています。

↑どの記事もとてもためになるお話ばかりなのでぜひ、ご一読ください。

文字や言葉としての情報だけではなく、「視える・聞こえる・感じる」というのも「情報」であることは変わらないわけですから、生まれてくるときに「見えないものを見ようとする力はいらない」としてきた人も中にはいるかもしれないな・・と思ったのです。

私は「魂の輪廻はある」と考えているのでそこを前提に日々考えています。

生まれるにあたって何が必要で何が不要か考える際に「沢山のことを知りたくない!!」とか「揺さぶらるような情報に触れたくない」とか「人間不信でコミュニケーションしたくない」など推測できることは沢山ありますよね。

しかし、あまり多くのことを知りたくないというのが悪いわけではなくて。

逆を言えば、その他のことには興味はなくても「特別」とか「好き」とか「これこそは!」と思えるものには一生懸命になれたり、何か一つのことに突出した能力を発揮することも可能なのではないかな。

その「何か・分野」を自らの手で見つけていくのが「人生」でもあるとも思うのです。

食べ物でも食べ過ぎてしまうと消化不良を起こしたりしますよね。

情報も同じように消化不良を起こしてしまっては身体にも心にも悪いですよね。

私は水星逆行を持っていないと書いたのですが、よく考えてみればルナリターンで水星逆行があればより一層感じられるのかもしれないですね。

太陽回帰の水星逆行

タイトルに書いている「太陽回帰の水星逆行」な訳ですが、こちらの本によると「水星逆行は6年ごとに表れる」とあります。

Planets in Solar Returns: Yearly Cycles of Transformation and Growth

新品価格
¥2,946から
(2021/10/28 13:28時点)

海外の本は少しずつ翻訳して読み進めていますが、日本では入手できないような研究資料を目にすることができます。

この本によると太陽回帰で現れる水星逆行の場合は1年を通して「水星が位置するハウスに関する事柄に対して内省的になる」とあります。

先日もクライアント様の鑑定でちょうど太陽回帰・水星逆行の方がいました。

ちょうど、読んだ後だったので謎のシンクロに燃えました(*´ω`*)

太陽回帰で水星逆行があるとこれまでのようにコミュニケーションがスムーズにいかないことが増えて、他者に頼るのではなく自ら考え、自分の意思や考えを構築するために時間が必要になってきます。

しかし、自分を大切にするあまり、間違っていることに気付けないこともある、ということを忘れてはいけない時です。

他者と通じ合えない状況はムキになるとお互いに主張し合い、争いになってしまいますから自己主張を弱める、受け流す、離れるなどちょっと我慢が必要となることもあるでしょう。

水星逆行の時に大切なことは「影響力のある人や誰かに合わせる」ことよりも「自分の意思・考え」を大切にし、自分の中から見えてくるものを探す大切な1年となります。

私自身でいうとちょうど本格的に占星術師として活動を開始した時の太陽回帰は水星が逆行していました。

今振り返ると占星術師になるにあたって自分の想いを伝える中で主人とぶつかることもありましたし、お互いに歩み寄ることが必要な時でした。

また、占星術師にならないかと声をかけてくださった方と考え方が合わないと感じ、離れることもありました。

特に私の場合は12ハウスにありましたから「魂とは?スピリチュアルとは?」についてとても考え直した時期でした。

ということで今回は「出生図の水星逆行と太陽回帰の水星逆行」についての雑感を書いてみました。

また、何か発見があればまとめたいと思います。

出生図の水星逆行や太陽回帰の水星逆行に関して何か思うことなどあればコメントやメッセージなど残してもらえると嬉しいです(*^-^*)

お読みくださりありがとうございました。

Tomomi



ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。 2021年は東洋占術の学びを強化し、健康という側面からの学びを深めています。 こちらのブログではなかなか記事を更新できていませんが、個人的なインプットが落ち着いたらアウトプットしていけたらと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿していますので合わせてそちらも見てくださると嬉しいです。