「月は欠損を表す」と天文知識に当てはめて考えてみる



占星術師のTomomi@tomomi_333489)です♡

本日の記事はマドモアゼル愛先生が言及されている「月は欠損を表す」について最近私が読んだ本と繋がる「月について」書いていきます。

この記事はこのような人にオススメの記事です/

  • 「月は欠損を表すというけどしっくりこない人
  • 「月についてあまりよく知らない」
  • 「天文学的なことを知りたい」

 

「月は欠損を表す」(マドモアゼル愛先生)

2018年マドモアゼル愛先生のこの言葉は占星術界に衝撃を与え、沢山の占星術師がこの言葉に反応を示しました。

”月は欠損を表す”

私自身に当てはめて解釈するとこの言葉はとてもしっくりきます。

わたしは太陽・MC・月共に♈牡羊座ですから自分でもあまり自覚があるようでないのです。

太陽は目指したい姿、MCは到達したい場所。

月は欠損だとするとどれも私の「自覚があるようでない」感覚にフィットします。

月というのは元々、過去生や過去の記憶、感情の起伏、母親の姿などを現していますが、現在は月星座の流行していますから月星座を知っている人も多いのではないでしょうか。

占星術を学ぶ者としては「月星座」を生きることは生きる力にはなるかもしれないが、発展性は見込めないと考えています。

この考え方は間違いでもなく、その解釈に繋がりそうな知識を以前紹介した本で見つけました。

このおろかな娘、占星術は一般からは評判のよくない職業に従事して、その利益によって賢いが貧しい母、天文学を養っている

上の言葉は「ケプラーの法則」を見つけたことで有名なヨハネス・ケプラーが残した言葉です。

天文学と占星術が切り離されていなかった時代は占星術で生きるためのお金を得て生計を立て、天文学(宇宙の観測など)の研究をしていたことを示す文章です。

今では天文学と占星術は違うものとして切り離されていますが(18世紀から分離)、占星術の意味は天文学的な意味と神話的な側面を併せ持っています。

私も様々なことを知りたいため宇宙に関する本を探してよく読んでいます。

お手軽な価格の月の雑学本を紹介します!

中でも月について詳しく書かれていて、お手頃な価格のこちらの本↓

夜ふかしするほど面白い「月の話」 (PHP文庫)

新品価格
¥734から
(2019/12/10 21:31時点)

この本ですが、以前Twitterにもこのように載せています。

 

月に存在する「冷たい闇の世界」

この本によると、

月には「永久影」という太陽の光が当たらない場所があり、その場所の気温はなんと!!

マイナス238度!!

一体どれくらいの寒さなのかすらわからない、伝わってこないですよね・・

この気温は冥王星の平均表面温度よりも低いそうです。

わたしが思う「月星座」について

「月星座」が知られるようになってもうずいぶんと経ちますね。

このブログをお読みくださっている方ならご自身の月星座を知っている人も多いのではないでしょうか。

月星座というのは一つのエンターテイメントであり、本来の占星術ではありません。

というのも、

西洋占星術では、生まれた時の月日、時間、場所の空をかたどったホロスコープを出します。

月だけでなく太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星だけでなく、

小惑星、恒星といった宇宙にある星々を私たちの中に在るとみなします。

大宇宙という外の世界があり、私たち個人の中には小宇宙という内側の世界がある。

先ほど、月には太陽の光が届かない「永久影」の存在を書きました。

太陽から近いはずなのに光が一切届かず、遠く離れた場所にある冥王星よりも冷たいのです。

占星術の意味としても似た部分はあります。

月は「感情、過去の記憶、過去生、潜在意識、集合的無意識、不安定な部分」を表し、

冥王星は「死と再生、変化変容、魂や人生を変容させる、カルマ、潜在意識」です。

どちらも魂にセットされた記憶が内在する「深い領域」です。

月と冥王星はどことなく似ていると似ている部分があるということは、

軽い気持ちで月に触れてはいけないとも思うのです。

冥王星には人生のずれを修正するような、私たちの意志ではどうにもない大きな力という破壊と再生の力が働きます。

この働きに近いものが月には閉じ込められている。

月は冷たく、冷え込んだ部分が存在し、私たちがそれぞれ持つ月には触れたくない隠したい冷たく悲しい心がある。

それは、冥王星のようにここを触れることで破壊と再生が促され、これまでの自分とは違う自分になっていくプロセスが刻まれている。

つまり、自分と深く向き合う意思が無ければ月の扉を開いてはいけないと思うのです。

辛い感覚を呼び起こしたくなければ月星座に触れないこと。

マドモアゼル愛先生の言葉

マドモアゼル愛先生は以下のようなことをブログでおっしゃっておられます。

”出来るのと思うのとは違う

月が求めるものを現実にする力は月には無い”

”どんなに起こっていて感情を爆発させても月が牡羊座にあれば喧嘩が苦手なのです。”

まとめ

この記事のまとめ
  • 月には太陽の光が届かない「永久影」がある
  • 「永久影」は冥王星の平均表面温度より低い
  • 月と冥王星は似ている部分「冷たい部分」が存在する
  • 月星座は自分と向き合うことには有効ですが、実現力には乏しい

 

以上、「月は欠損を表す」について月の知識本と合わせてご紹介させていただきました。

 

この記事が参考になっていたら幸いです。 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

▼更新情報・心に響くメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

Tomomi

おこしやす。Tomomiです♡ こちらのブログでは星たちからのメッセージや占いに関する知識を執筆しています。 Tomomiというフィルターを通した世界です。 西洋占星術、タロット、オラクルカード、カラーセラピー、ルーンを扱う占い師でもあり、天然石ブレスレットの制作、YouTube動画でホロスコープ解説やカードリーディング、クリスタルボウル、シンギングボウルを用いたヒーリング動画をUPしています。 天然石ブレスレットはラクマ・minneにて販売中☆ ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。”