イングランド王・ヘンリー8世の6人の妻とトランジットの影響編①

占星術師のTomomi@tomomi_333489)です。

前回は「イングランド王・ヘンリー8世」のホロスコープ記事を書きましたが、今回は「6人の妻とトランジットの影響①」を読み合わせていきます。

書いているととても長くなったため、妻2人×3記事に分けて書いていこうかと思います。

前回のあらすじとリンク

イングランド王・ヘンリー8世は生涯で6人の妻を娶り、婚姻中でありながら気になった女性と結婚したいがためにローマ・カトリックをやめてイングランド国教会を作り婚姻の無効を主張したり、妻2人を斬首刑にしたり・・なかなかヘビーな人物です(^-^;

前回記事リンク

年表

1491/06/28(ユリウス暦)誕生

1502/04/02 兄・アーサー死去(埋葬4/25・ウスター大聖堂)

1503/06/23 キャサリンとの婚約

1508~1516 カンブレー同盟戦争

1509/04/21 ヘンリー7世崩御・ヘンリー8世即位

1509/06/11 ヘンリー8世・キャサリンと結婚

1509/06/30 戴冠式

1532~1537 イングランド国王と教皇の関係の変革と、イングランド国教会の創設に関わる数々の法令を発布

1533/01 アン・ブーリンと結婚

1534/  国王至上法公布・イングランド国教会設立(正式にローマから分かれたのは1559年)

1536/05/19 アン・ブーリン処刑・翌日ジェーン・シーモアと結婚

1537/10/12 エドワード6世誕生 10/24 ジェーン・シーモア死去

1540/01/16 アン・オブ・クレーヴスと結婚 06/19離婚・キャサリン・ハワードと結婚

1541 アイルランド王となる

1542/02/13 キャサリン・ハワード処刑

1543/07/12 キャサリン・パーと結婚

1547/01/28 ヘンリー8世死去・55歳

6人の妻と世継ぎ問題

注目ポイント

  • イギリス王室は蟹座10度前後に惑星やポイントがある
  • 子どもが産めないのは女性の責任という価値観
  • ホロスコープ上の月(妻)の状態を観察する
  • この時代はユリウス暦(ホロスコープもユリウス暦で見ています)

兄が亡くなることで王位継承者として躍り出ます。

兄が亡くなった時のホロスコープは、ヘンリー8世ネイタルの水星土星180度に対して土星側に海王星が重なります。

水星を兄弟と考え、土星を厳しい病状と捉えると、トランジットの海王星という病・感染症を患うと読めます。

更に、ネイタルの冥王星に対して180度を取るトランジットの火星は生命の危機的状況を表し、この火星は涙の度数と呼ばれる29度を取っています。

即位したとき(1509年4月21日)は、「正午は最も縁起の良い時間とされた」ことから戴冠式や結婚式が行われることが多いようです。

この日、12:00でチャートを作ると、太陽と火星がMCと重なり、この国の王だと言わんばかりのチャートとなっています。

太陽火星に対して、海王星がスクエアを取っているのも気になるところ。

期待するものも大きいけど、それ以上に落胆もしやすく依存傾向も強くなります。

子宝は・・というと、8ハウスの天王星は突然死などとも関連しやすく、しかも若い年齢域を表す惑星たちによる小三角も気になります。(若い年齢域:月・水星・金星)

6ハウス海王星=健康上の問題があることが分かります。

2人の王妃

1・キャサリン・オブ・アラゴン

キャサリンオブアラゴン/Wikipedia

キャサリン・オブ・アラゴンの生まれは現在のスペイン・マドリード。

月は冥王星と180度を取り、月は7ハウスにあることから様々な人から見られているようなプレッシャー・葛藤を感じたことでしょう。

常に社会情勢は変わり、安心した生活は難しかったことでしょう。

キャサリンのホロスコープの特徴は射手座ステリウム。

土星・火星・水星・海王星・木星・天王星が集まっています。

射手座は海外を表しますから、遠い離れた土地で様々な思惑が入り乱れる環境だったことが分かりますし、不安定な社会情勢の中で自分の国以外の世界を知りたいという興味もあったのではないでしょうか。

どんなに辛い状況でも彼女の心を支えていたのは信仰心だったことでしょう。

実際に彼女は敬虔なカトリック教徒でした。

そして、キャサリンのMCは蟹座10度を示しています。

現在のイギリス王族のホロスコープを見ると「蟹座10度前後」に惑星やポイントがあることから、この時代からの何かの因果が受け継がれていると言えます。

幼少期からヘンリー8世の兄・アーサーと婚約をしていたキャサリン。

アーサー亡き後も諸事情(お金の問題)があったとはいえ、イングランドに滞在してヨーロッパ発の女性大使をしています。

アーサーやヘンリーとは縁戚に当たるため、教会法規により許可を得て、婚約をしています。

兄と結婚後すぐに生き別れることとなった未亡人・キャサリンとの結婚をヘンリーは切望し、父・ヘンリー7世が崩御してすぐに立会人1人だけでキャサリンとの結婚を執り行います。

旧約聖書に「兄弟の妻の肉体関係を禁ずる」とあるため、アーサーとキャサリンの肉体関係の有無が問われたのですが、無視した形で結婚したため立会人1人となっています。

この時、ヘンリー8世18歳・キャサリン24歳。

夫婦仲はそこまで悪くなかったということが定説です。

ヘンリー8世は太陽蟹座14度・月牡羊座10度に対してキャサリンは太陽山羊座3度・月牡羊座17度ですから、ぶつかることはあっても、基本的に意気投合したら楽しめる相手であったと予測します。

結婚式のチャートはこちら(1509年6月21日12:00)

  • ヨッド
  • DC天王星合

蟹座8度のMCに太陽が重なり、海王星・木星(ドラゴンヘッド・冥王星)とヨッドを取ります。

ヨッドは神の指と呼ばれ、逃れられない宿命を表しています。

頂点となる場所は「蟹座・MC」ですから、この時代のイングランドにおいて国家として蟹座(衣食住・家庭・家族・思いやりの心・絆・子ども・女性)が表すものから逃れられないということがわかります。

DC(対人関係)に重なる天王星(変化)は結婚・契約・ビジネスの突然の変化を表します。

キャサリンは結婚当初から妊娠し、翌年の1510年1月には女児を出産していますが死産し、1511年1月5日男児・ヘンリー王子を出産するも、52日という短さでこの世を去っています。

1516年メアリー出産。(のちのイングランド女王・メアリー1世”ブラッディメアリー”)

ヘンリー8世はメアリー王女を溺愛するも、なかなか健康な子どもが生まれない現実に離婚を考え始めます。

一説によるとヘンリー8世がフランスへ行った際に娼婦と性交渉して梅毒に感染していたのではないかと言われています。

その後、一人だけ男の子は生まれますが、先天性の梅毒で若くして亡くなっていることから、その節は有力だと思われます。

最初に書いた注目ポイントを思い出していただきたいのですが、「子どもが産めないのは女性の責任」という価値観が当時ありました。

自分の子ども、それも男児が産めないキャサリンとの離婚を考え始めたヘンリー8世は、キャサリンの侍女であった「アン・ブーリン」に猛アタックを開始します。

キャサリンとの結婚の無効を訴え始めたヘンリー8世ですが、教皇と対立したため、カトリック辞めて自分が長となる「イングランド国教会」を設立します。

キャサリンに結婚の無効を伝えた時、キャサリンは涙ながらに反論し、王妃の座を捨て修道院に入ることもしないと主張したそうですが、キャサリンの月と冥王星の180度は一度手にしたものをそう簡単には渡したくないでしょうし、何らかの圧力があることでやる気が増すようなところもあったのでしょう。

キャサリンとの結婚が無効だと言い始めた1525年は冥王星が山羊座18度にあり、キャサリンの月・冥王星180度に対して90度を取っています。

牡羊座キロンに対して土星が重なり、自立することや自分の道を歩むことを拒絶しやすく、受け入れていくには時間がかかることがわかります。

婚姻関係はその後、24年続き、煮え切ったヘンリー8世は無理やり大司教(トマスクランマー)にキャサリンとの結婚無効を宣言させます。

そして、1533年5月28日ヘンリー8世とアンの結婚が有効であると宣言させたのです。

女王の立場を奪われたキャサリン。

この時のホロスコープ(1533/5/28)

蟹座10度には水星(知性・知識)があり、11度には土星(制限・課題)・天王星(改革・変化)があります。

キャサリンネイタルとトランジットを合わせたチャートでは、キャサリンのMC蟹座10度に対してトランジット水星・土星・天王星が重なり、これまでの結果が現れやすくなると言えます。

また、この水星・土星・天王星は牡羊座キロン・火星と90度を取っていますから、傷を残す別れ方となることが示されます。

ヘンリー8世の月は牡羊座10度ですからトランジット火星・キロンが重なっていることと、太陽蟹座14度と重なり始める水星・土星・天王星によって、ヘンリー8世にとっては今この時を逃してはならない!という思いもあったことでしょうし、焦りもあったでしょう。

盤石な王室にしなくてはいけない、そのためには男児を設けなくては!!という焦り。

キャサリンは女王をはく奪され、ヘンリー8世との子どもであるメアリーは婚外子とされます。

キャサリンの出生図水瓶座金星4度に対して、結婚した時のチャート水瓶座海王星6度で重なり、はく奪された時のチャートでは水瓶座冥王星2度となります。

金星の喜びや楽しみは幻想(海王星)や変容(冥王星)していったのです。

キャサリンは亡くなる数日前に書いたヘンリー8世に対する手紙の最後に「イングランド王妃キャサリン」とサインしていることから、亡くなるまで王妃としての立場を誇りに思っていたのではないかと思うのです。たとえ、夫がどのような人であっても。

1536年1月7日 キャサリン死去(48歳)

葬儀にはメアリーの出席や行事の禁止されますが、キャサリンを慕っていた民衆は行列を成し、代わる代わる棺を担ぎ、40キロ離れた修道院まで運んだと言われています。

亡くなった時のチャートは出生図の金星に対して正確に重なる冥王星(死と再生)、ICに重なる金星水星、MCに重なる月が見られます。

キャサリンの魂は対人関係を通して自分が信じたい世界を見つけていこうとしています。

それは自分なりの人生観であったり、宗教という枠組みを超えた世界へのチャレンジでもあったのだと思うのです。

しかし、幻想や夢を見やすい性質(水星海王星)があるのと生活が一変しやすい反面、多くの人から慕われる・人を惹きつける性質(木星天王星)が見られます。

2・アン・ブーリン

アンブーリン/Wikipedia

さて、ヘンリー8世はキャサリンの待女であったアン・ブーリンに恋をします。

この時、まだキャサリンとの婚姻関係は続いています。

アン・ブーリンは若い頃にフランスへ留学し、そこでフランス流の礼儀作法を覚えてイングランドに帰国したのが15歳の時。

帰国後、ヘンリー8世の妻であるキャサリン・オブ・アラゴンの待女となり、ヘンリー8世に目を付けられたのが19歳の時。

姉が不倫していたことから、自分は不倫関係は嫌だという想いもあったのでしょう。

王様の求愛を受けるも焦らし続けるアンにこれまで出会った女性と違うと感じたヘンリー8世はどんどん燃え上がるのです。

求愛から9年たち、キャサリンとの間に男児が生まれないことに焦り始めたヘンリー8世。

アンは「王妃になるには身分が低すぎます。慰み者になるにはプライドが高すぎるのです。」と言い「ただでは寝ない。でも私なら男児を絶対産めますわ。」とヘンリー8世に言い寄ります。

ただ・・カトリックでは離婚を禁じられており、離婚できません。

そう簡単に離婚できないことからローマ・カトリックから離れ、自分がトップであるイングランド国教会を設立します。

1533年6月1日アン・ブーリンと結婚し、正式に女王となります。

アンブーリンの出生に関して正式な記録は残っていませんので、結婚した時のチャートを見てみます。

キャサリンオブアラゴンが女王をはく奪された日は1533年5月28日、アンブーリン結婚式が1533年6月1日ですから、ヘンリー8世は相当焦っていたのでしょう。

妻を表す月は火星・海王星と180度を取り、精神的な不安定さを表し、更に水星・土星・天王星から90度を受けていて、立場の急な変化や婚姻関係における問題が出てきやすい配置をしています。

男児が生まれるだろう・・と医師や占星術師も太鼓判を押し、ヘンリー8世の期待も高まりましたが、生まれてきたのはまたしても女児・・ヘンリー8世は相当落胆したことでしょう。

なぜなら「私なら男児を産める」と言い、結婚を迫ったのですから。

この女児はのちのエリザベス1世です。

アンに対して急激に冷めていったヘンリー8世。

1535年秋には再び妊娠しますが、翌年(1536年)流産します。

流産した子は男の子だったようです。

更に、流産したその日は前妻・キャサリン王妃の葬儀の日でもあったそうです。(なんという因果・・)

新しい宗教を立ち上げ結婚したにもかかわらず、男児を産めない現状に徐々にヒステリックになるアン。

もう男児を産めないと思ったヘンリー8世はアンの侍女であるジェーンシーモアに手を出し、その様子を目撃してしまうのですから、アンの精神状態も不安定になっていきます。

時折、政治にも口をはさみ、周囲からも良く思われていないことが起因したのか、突然逮捕され裁判にかけられ、弁明もむなしく処刑されてしまいます。

罪はキャサリン王妃の殺害・娘メアリーの殺害計画・不特定多数の男性との不貞行為(実弟含む)・弟との近親相姦(兄とも弟も色々説があります)で訴えられます。

キャサリンが亡くなって4か月後の1536年5月19日午前8時・ロンドン塔にて処刑されます。

結婚期間3年ほど。

イングランドで初めて処刑された女王として名を残します。

「私の魂を受け取り給え、主なる神よ、私の魂を憐れみたまえ」と何度も繰り返し唱えたそうです。

当時の処刑法は斧による斬首刑でしたが、剣が使われ、腕の良い剣士をフランスから呼び寄せたそうで、その素早さのためしばらくアンの口と目は動いていたそうです。

この時アンは35歳。

処刑された当日のホロスコープはこちら。

時刻に関しては8:00説と9:00説がある模様。

1ハウスに入る火星土星の合に対して冥王星と180度を取り、間を取り持つように水星があります。

火星土星の合はキャサリンオブアラゴンも持っている配置で、この配置はこの後もいくつか出てきます。

この組み合わせはハーフサムでは「死の軸」と呼ばれ、エバーティンの本では「破壊的なエネルギー・過酷さ」を表していると書かれています。

5/19といえば、今の暦でですが、現ヘンリー王子とメーガン妃が結婚式を行った日です。

注目ポイントを振り返る

注目ポイント

  • イギリス王室は蟹座10度前後に惑星やポイントがある
  • 子どもが産めないのは女性の責任という価値観
  • ホロスコープ上の月(妻)の状態を観察する
  • この時代はユリウス暦(ホロスコープもユリウス暦で見ています)

イギリス王室は蟹座10度前後に惑星やポイントがある

  • キャサリンのMC蟹座10度
  • 結婚式チャートMC蟹座8度太陽合頂点のヨッドを形成
  • 女王はく奪時、蟹座10度水星11度土星天王星合
  • アンブーリン結婚式チャート水星土星天王星火星月からなるTスクエア形成

ホロスコープ上の月(妻)の状態を観察する

トランジットを見る限りでは月の状態は意外にも悪いものはありませんでしたが、キャサリンオブアラゴンのネイタル月は冥王星と180度を取り、トランジットによってはTスクエアやグランドクロスを形成したことでしょう。

結婚式時のホロスコープでは月は火星と60度、冥王星と120度を取っています。

火星と冥王星はマレフィックと呼ばれ凶星ですが、調和的配置から夫婦仲の悪化までは読めません。

しかし、アンブーリンの結婚式時のホロスコープは一転します。

月に対して水星天王星土星と火星によるTスクエアを形成し、天王星火星土星のマレフィック(凶星)要素が強まります。

予測として言われているアンブーリンのネイタルでは、太陽と月は150度を取り、分かり合えない夫婦とも読めます。

結婚した時のチャートは今後の結婚生活を表すといっても良いのかもしれません。

書籍紹介

The Combination of Stellar Influences

新品価格
¥3,134から
(2022/6/4 18:17時点)

 

今回の記事はここまで

イングランド王であり「狂気の王」と呼ばれたヘンリー8世と関わった6人の王妃の内2人について見ていきました。

次回は「イングランド王・ヘンリー8世の6人の妻とトランジットの影響編②」を書く予定です☺

 

▼更新情報・星関連・日々感じるメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

このブログよりも更新情報早いのでInstagramフォローお願いしますm(__)m

素敵な日々に繋がりますように✿

Tomomi🌈✨

 

ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。最近は洋書漬け。星の動きはInstagramに投稿中。こちらのブログでは気になった人のホロスコープを読んだり、感じたことなどの徒然を。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。