モーツァルト効果 自律神経を整える



▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃

こちらの話はInstagram・note・アメブロにUPしたものを再編集し、こちらにUPしています。

私という占星術師がどのようなことを考えて占星術を取り組んでいるのかをこちらにもUPしていこうと思います。

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃

モーツァルト効果 自律神経を整える

*この記事は2020年のお話です。

先日、モーツァルトの曲を聞いていたらすごく背筋が熱くなってきました。

チャクラが活性化するような感覚。

内側の感覚的なもので言い表すことが難しい。

モーツァルトの曲と言えば、私の中で「歯医者さんで聞く音楽」というイメージがあって。

小さいころ、歯医者さんに行って台に乗って眩しいライトと戦っているとモーツァルトの曲が心地よくなってきて寝てしまう・・・

処置が終わって起こされることが多かったです(;’∀’)

背中が温かくなって安心する……となると

そりゃ眠くなるのも仕方ないよね~

なんて振り返って思ったついでにモーツァルトについて調べていたら実際に音楽療法の一つとして

「モーツァルト効果」というものがあることを知りました。

どのような作用があるかと言うと

副交感神経が作用して血管が拡張され

血行が良くなる他にも

様々な効果があり、これを

「モーツァルト効果」という。

音楽療法の1つでモーツァルトを聴くことで「精神と身体の健康を維持・改善させる」そうです。

モーツァルトの曲は誰でも最も敏感に感じ取れる約4000Hz以上の高い周波数の音が穏やかな揺らぎを伴って豊富に存在していて。

和音が豊富なため音と音との衝突によってより高い周波数を生み出す倍音効果もあるようです。

耳内の細胞に効率的に刺激をし、副交感神経が作用して器官が拡張して血行が良くなるのだとか。

ふむふむ。

先日から「エネルギー/周波数/自分軸」

についてpostしていますが(ブログにもおそらくアップ済み)

ここでも周波数出てきます。

モーツァルト効果で期待できることは以下のことのようです。

🎹モーツァルト効果🎹

1・日々の生活の中で創造力や想像力を育てる作用

2・会話におけるヒアリング能力を高める

3・不安やストレスを減少させる

4・記憶力を高め認知症を改善

5・精神的な安心感を誘導し、幸福感を高める

6・心臓の作用を安定化させ、心拍の安定化を図る

7・血圧を安定にする

8・脳波をリラックス状態に導き、α波を引き起こす

9・ストレスホルモンを減少させる作用

10・免疫力を高め、健康を導く

この効果はバッハ・ヘンデル・ハイドン・ベートーベンよりも非常にモーツァルトが優れているそうです。

また面白いのが、、音の周波数(Hz)と人間の脳から脊椎にある各骨格部位とが対応しているということ。

  • 延髄より上の高次の脳神経系はおよそ4000Hz以上
  • 頸椎は2000から3000Hz
  • 胸椎は800から2000Hz
  • 腰椎から仙椎は125から800Hz

低い音は尾てい骨から始まり、音域が高くなっていくにしたがって背骨を上昇し、高周波音は首から上の頭蓋骨へと響く。

1番初めにチャクラが活性化するような……

と書いたのですが、上に書いた「音の周波数と人間の脳から脊椎にある各骨格部位とが対応」

ですが、これ、チャクラと共通しているのですよね。

延髄・頚椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾骶骨

というのは6つあって黄道12宮に該当しているそうな。

この辺はもう少し調べてみないと分からないこともあるのですが……

自律神経のバランスが崩れていたり、疲れているなと感じたら「モーツァルト」聞いてみるのもオススメです。

 

感動!超高速モーツァルト効果 実践トレーニング編 七田眞 著 超高速CD付

中古価格
¥1,000から
(2021/10/22 18:01時点)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。 2021年は東洋占術の学びを強化し、健康という側面からの学びを深めています。 こちらのブログではなかなか記事を更新できていませんが、個人的なインプットが落ち着いたらアウトプットしていけたらと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿していますので合わせてそちらも見てくださると嬉しいです。