占い師が見た「アナ雪2」*ネタばれあり注意



占星術師のTomomi@tomomi_333489)です♡

先日の休みの日に家族で「アナと雪の女王2」見てきました。

前作は「すごい!!この映画はすごい!!」と感動して興奮のあまりいろんな人と劇場で映画を見ました。

計算するとその数7回・・

Blu-rayが出てからも「絶対買う!」と意気込んでいましたが、いざ購入するとなかなか見ないものですね。

どうやら完全に映画館で満足してしまったようです(;’∀’)

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,172から
(2019/11/25 22:08時点)

さて、今回は「アナと雪の女王2」を見て、占い師をしている私なりの解釈や受け取ったメッセージをシェアしたいと思います。

まだ見ていない人は今回の記事は読まないでくださいね。

気になるー!という方はどうぞ(*^^*)

この記事はこのような人にオススメの記事です/

  • 「アナと雪の女王2を見た人
  • 「いろいろな解釈を見てみたい人」

ネタばれ要素がありますので、まだ見ていない方は見ないでくださいね♡

 

公開日

公開日は2019/11/22

日米同時上映

今作の物語あらすじ

「なぜ、エルサに力は与えられたのか」

前作から3年後が舞台。

幸せに溢れたアレンデールでの生活を送るエルサ、アナ、オラフたち。

楽しい時間も束の間、エルサの耳には不思議な声が聞こえ始めます。

その声に反応すると精霊たちが眠りから覚め、アレンデールの町は災害に見舞われエルサやアナを始めとする街に住む人々は安全な高台に避難します。

そこへトロールたちがやってきて「古代の魔法が目覚めた」「精霊たちを鎮めるためには過去の過ちを正す必要がある」と伝えられ、エルサたちは旅に出ます。

4つの精霊とエレメント

「アナ雪2」では物語のカギとして4つの精霊が出てきます。

怒りが呼び起こされて暴れてしまった4つの精霊の力を鎮めることが解決の糸口になるのですが、この4つの精霊は以下のように名前がついています。

火の精霊 ブルーニ
地の精霊 アースジャイアント
風の精霊 ゲイル
水の精霊 ノック

 

特に個人的には火の精霊・ブルーニが可愛すぎましたね。

アカハライモリを飼っていることも相まってドンピシャ。

大好きキャラクターになりました。

さて、ここから本題です。

占星術タロットでは「エレメント」という考え方があります。

エレメントというのは、西洋の考え方である「万物を構成するものは4つに分けることが出来る」という考え方になります。

占星術とタロットのエレメントを見てみます。

占星術のエレメント
 牡羊座・獅子座・射手座
 牡牛座・乙女座・山羊座
 双子座・天秤座・水瓶座
 蟹座・蠍座・魚座
 
タロットのエレメント
火(ワンド) 情熱・直感
地(ペンタクル) 物質・継続力
風(ソード) 知性・社会性
水(カップ) 感情・受け取る力

 

というように、グループ分けされています。

火の精霊のブルーニは映像では水色だったのでエレメントに関係しているということまではCMの一瞬の映像ではわからなかったのですが、映画を見ての象徴的なものを順番に解説していこうと思います。

火の精霊

タロットの火の象徴のカードである「ワンド」にはサラマンダーの絵柄が描かれています。

サラマンダーは勇気や不屈の精神の象徴です。

ギリシャ神話ではプロメテウス自らの命を懸けてゼウスの火を人間に渡したことによって人間の文明が発達したという話もあります。

物語のブルーニは不穏な場所、怒りを察知して表れるようです。

風の精霊

風の精霊であるゲイルは、姿こそ見えませんが遊び心のある様子が映像を通じてわかりますね。

風が象徴するものは「知性やコミュニケーション能力」です。

遊び心は知性の成せる業ですし、最後アナがエルサに宛てた手紙を届けるのもゲイルです。

手紙に書かれて文字(知性)を風(知性)が運ぶ。

なんとも象徴的だなと感じました。

水の精霊

水の精霊はノックと呼ばれていました。

エルサはダークシーを越えてアートハランに行くために大海原を相手に戦うのですが、その時に本気かどうか意思を確かめるようにエルサに試練を与えるのがノック。

馬の形をしていてエルサの行く手を阻むのですが、水が象徴するものは「感情や心」です。

そこから私が考えたのは「エルサ自身の心と対決する姿」を描いたシーンなのではないかということ。

エルサは雪を作ることが出来ますが、雪も解ければ「水」になりますよね。

この映画の中でも「水には記憶がある」というセリフが何度か出てきます。

心の動きは予想できるものでもなくて、時にはかき乱されるほどの大きな感情の揺れ動きを感じることもあるでしょう。

その揺れ動く自分自身の心と向き合うことで本当にたどり着きたかった心に達することができた時、馬を手名付けることができたと解釈できます。

心の奥底にあった闇の部分も一つになることで本来の自分に戻っていくのです。

地の精霊

地の精霊は大地そのものです。

大地そのものを象徴するかのように映画では巨人として描かれています。

そして、岩の形をしていて私たち人間がどうすることもできないほどの強力な力を示しています。

地の象徴はこの世界での「物質」です。

大地や岩など目に見えるものです。

「なぜエルサが地の精霊と向き合わなかったのか?」

ですが、私の解釈では「天」と「地」の思想が浮かびました。

明るいアナと謎めいたエルサは陰陽で表すことができますし、

「特別な力を持つエルサ」と「特別な力を持たないアナ」といった対極のエネルギーが割り当てられていることがわかります。

エルサが「天」だとすれば、アナは「地」です。

これはエルサとアナのお父さんとお母さんにも言えます。

日本の神話でいう所の「天津神」「国津神」のようなものですね。

天を統べるのはエルサ。(自然の不思議な力が働く世界・ノーサルドア)

大地を統べるのはアナ。(人間が築き上げた世界・アレンデール)

アナ自身が悲しみに暮れていては話は進まない。

現実を見て「今できることを最善を尽くす」ことが必要な要素のため、エルサではなくアナがアースジャイアントたちを動かす必要があったのですね。

物語のメッセージ

五つ目の精霊

上では「天」と「地」に分けましたが、この「天」と「地」はお父さんとお母さんに当てはめると良さそうです。

不思議な力(自然の力)を使って若いころのお父さんの命を守った若いころのお母さん。

自然の力と共に生きていた・先住民のノーサルドア出身のお母さんとアレンデールの国王となったお父さん。

表面上は友好関係にあった両国ですが、実はアレンデール側の思惑がありました。

両国が戦い始め、危機迫ったお父さんをお母さんは助け、愛します。

広い心を持ったごほうびに魔法の力を持つエルサを授かったのです。

自然の力と共に暮らしていた民の血を引くお母さんと人間界を治めるお父さんの間に生まれたエルサは架け橋とも言えます。

エルサが五番目の精霊のような描かれ方をしていましたが、エルサだけでなく出てくる人全員なのではないかと考えました。

確かにエルサは今作で自分の力の使い方を取得したのですが、

エルサだけが頑張っていたのではなくてみんなそれぞれの場所で戦い生きている姿が描かれていることが印象的な映画です。

戦いの終止符

長年(34年間!)いがみあっていたノーサルドアの民とアレンデールの兵士たち。

長すぎる戦いの因縁は深い物なのかと思いきやみんな終わらせたかった、仲直りしたかったのではないかと推測できます。

平和的な解決がされてから、本当はお互いに想い合っていたかのような描写もあってあるべき姿に戻ることができたことが印象的です。

1人(一つの要素)が欠けても成しえなかった。

みんなが協力して、お互いに出来ることを取り組むことで世界の平和につながるのですね。

新しい世界(アセンション)

さて、スピリチュアルの世界では数年前から「次元上昇(アセンション)」する!と言われていて「3次元の世界から5次元へと上昇する」と言われていたりします。

その次元上昇に関しては巷で話題の「アセンション島」からの詐欺電話にも象徴されますが、「アセンションする人になるの?ならないの?」と不安感を煽るようなものもあるようですね。

この「アセンション」へのメッセージ性もありましてですね、エルサは4つの精霊の「第5番目」だったと描かれています。

「5」という数字だけを見て、関連性あるものに繋げるとしたら来年から始まる(あまり詳しくないのですが・・)「5G」という新しい通信規格にも繋がりますし、

アセンションの5次元にも当てはまりますね。(当てはめようと思えば様々なことに当てはまるので面白いですね)

自分らしく居られる環境

最後には意外な展開である、「アナとエルサの住み分け」も象徴的でした。

自分が力を発揮できる環境を見つけて、そこで力強く生きることで誰かのためになる。

誰かに合わせて自分を隠すのではなく。

「自分らしく生きられる場所」でのびのびと生きていくのです。

自分の力を抑えた生き方をしたいのか、それとも自分らしさを全開で全力で生きたいのかどちらが良いのか。

根本的な生き方を問うてるようにも思えます。

「象徴」のメッセージ性

不思議と世の中を象徴するニュース(出来事)や公開される映画、漫画などはメッセージ性に溢れています。

西洋占星術をしていると、この星の流れをみるとこの時期じゃなきゃダメな映画だなと感じます。

前作の「アナ雪」自体も星のメッセージとリンクしていて「ありのままの自分」で生きていこうよという強いメッセージでした。

それから、多くの人が歌を歌い、自分らしい生き方とは?と悩み、やっと見つけて歩み始めようとしている現在。

それでもまだ自信がなくてうまく進めない難しさや壁を感じながらも、自分の才能や価値を信じて進もうとしていますよね(*^_^*)

「エルサ」の戸惑いと心の底から幸せな現状を受け入れることができず旅に出る姿も旅の途中で習得する力の使い分けや大きな壁との闘いの末に辿り着きたかった場所に行くことで生き生きとした姿になるシーンも全てこの世界を生きている人々に共通するメッセージです。

心揺さぶるものはすべてあなたへのメッセージ。

まだ見ていない方はここまで読んでいてさすがにいないと思いますが、ぜひ劇場で見てみてくださいね★

「アナ雪2」の関連商品の紹介☆Xmasプレゼントにも!

【メーカー特典あり】 アナと雪の女王 2 オリジナル・サウンドトラック【特典:ポストカード(5種ランダムの中から1枚)付】

新品価格
¥2,750から
(2019/12/2 15:01時点)

 

アナと雪の女王 2 オリジナル・サウンドトラック スーパーデラックス版

新品価格
¥4,760から
(2019/12/2 15:02時点)

ディズニー アナと雪の女王2 ドリームカメラタブレット

新品価格
¥12,573から
(2019/12/2 15:02時点)

ディズニー アナと雪の女王2 キラキラ スマートパレット アイスブルー 初回特典付

新品価格
¥7,900から
(2019/12/2 15:03時点)

レゴ(LEGO) ディズニープリンセス アナと雪の女王2?アレンデール城” 41167

新品価格
¥7,470から
(2019/12/2 15:04時点)

エレメントなど象徴について書かれた本

これは私自身も使っている本です。

タロットの絵柄や古代から伝わる絵柄の意味など理解するのに便利です。

サイン・シンボル大図鑑

新品価格
¥4,620から
(2019/12/2 15:06時点)

まとめ

今回の記事では以下のことを書きました!

この記事のまとめ
  • エレメントの話(何を象徴しているか)
  • 物語のメッセージ性

私が思ったことをつらつらと書いてみましたが、見た人によっても感じ方や受け取り方は変わります。

あなたが感じることを大切にしてくださいね( *´艸`)

 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

▼更新情報・心に響くメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

普段はInstagramで投稿しています。

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

Tomomi

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。