立春を迎えて「特別な体験と共有感覚」



ご挨拶

こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます☺

Tomomi(@tomomi_333489)です♡

2/3 立春を迎えましたね。

寒さの峠を越えて春の気配が感じられる時期というのが立春ですが、、寒いですね(;^_^A

今回の記事はだらだらと節分や立春について書きたいことを書いていきます。


2021年の節分は2/2・・124年ぶり、そもそも節分とは?

ここ数年、色々なところで100年ぶりのようなニュースを目にしますね。

明治時代から日本が色々と変わってきたということが現れているなあと感じるわけです。

そもそも、節分というのは何かご存知でしょうか?

Wikipediaによると

節分(せつぶん、せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。”

とあります。

つまりは、大みそかの日が節分で立春が新年、元日ということが言えますね。

私自身は小さいころから恵方巻を食べて、豆を食べて・・(もったいないからまかない)というのが節分の過ごし方でした。

子どもたちが小さい頃は近くのお寺に行くと鬼の恰好(赤と青)をした人がいるので「わあ~怖い。鬼に食べられないように悪いことはしたらあかんねんで~」と伝えていたような気がします。

お寺さんによっては豆を振舞っていたりしますし、豆を投げつけるところもあるとか。

でも、地域によっては鬼に豆を投げないところもあって地域の習慣によってさまざまですよね。

子どもたちが小さいうちはおばあちゃんも豆を外に少しだけまいてましたが、実際どのくらいの人がまいているのだろう・・と疑問を持ちます。

散歩していたら「これはまいたな・・」とわかりやすく家の外に豆が散らばっているのも見かけましたが・・鳥さんの餌になるのかなーと考えてました。


立春・立夏・立秋・立冬と占星術

占星術的に見ていくと立春・立夏・立秋・立冬は、それぞれ水瓶座15度・牡牛座15度・獅子座15度・蠍座15度となる日です。

それぞれを迎えるまでの18日間を土用と言います。

現代は夏のみ(土用の丑の日・ウナギ)強調されていますが、本来は土用は4回あります。

昨日の立春がつまりは水瓶座15度を迎えたわけですが・・

15度というのはどの星座にとってもちょうど真ん中の度数でここから反対側の力が混じり、それぞれの星座の力の行き過ぎを抑えていくことになります。

とはいえ、15度を迎えた日はいくつかの配信アプリ(クラブハウスだけでなく、standfmも)の名前をよく見かけたので、新しい世界に打って出たくなるときなのかもしれませんね。


立春のホロスコープ

2020/02/03 23:59

  • 月 感情・無意識・過去・幼少期・母
  • 蟹座 母性・育成・愛・感情・基盤・居場所
  • 12ハウス 潜在意識・秘密・スピリチュアル・占い・インスピレーション・見えない場所・集合意識

月サビアンシンボル♏蠍座1度「観光バス」密度の高い体験、経験をする・誰かと感動体験を共有する・グループやセミナーなど積極的に参加する

  • 太陽 目的意識・方向性
  • 水瓶座 次の世界・改革・個性・斬新・理想・グループ・電波・横のつながり

  • 太陽4ハウス 家族・ルーツ・地元・心の根底・感情・家・リラックスできる場所(自分の居場所)
  • 太陽サビアンシンボル♒水瓶座16度「机に座っている偉大なビジネスマン」ありのままの自分を少しずつ出していく・人と協力して夢を叶えたり、夢を実現させていく

★アスペクト

  • 月×天王星 180度(積極的な働きかけ)
  • 月×金星・冥王星 90度(緊張・突発的な事象)
  • 太陽×木星 合(お互いの性質の強調)

★天体の偏り

天体の偏り 北側(プライベート、自分の内側を見つめる)

複合アスペクト

  • 複合アスペクト 緩いTスクエア 大きな困難と試練・意見の食い違いや対立

立春のホロスコープを見ていくと面白い配置をしていますね。

水瓶座には金星・土星・木星・太陽・水星が集まっていて旧式のもの、古い価値観などがガラガラと崩れていこうとしている。

新しい風が吹き込まれることで気持ちを改めたり、思考して次に活かせるといいけど、お堅いままだと否応なく山羊座冥王星が黙っていなくて。

新しい時代の流れにあった世界基準、価値観、働き方、制度・・様々な見直しをしていくことになります。

1人で変えていくのではなく、みんなで変えていく。

そんな印象を受けるのですが、みんなで変えていくからこそ一人ひとりの意志とか軸といった一人の人間としての自立していることが必須なのではないかとさえ思うわけです。

嵐が来ても耐えられるような自分の信念。

ミーハー心ではなく、誰かがという基準でもない。

自分の理想と夢ががっちりと合うものとの出会いは刺激もあって、新しい自分へとどんどん変化していける。

「何をしても揺るがないもの、想い」

があるから他者や他の世界と触れ合ったときに新しい気付きであったり、喜びや楽しみといった感覚がより一層高まるのではないかなと思います。

お互いに生きている環境、地域、関わった人全て違うくても「わかる、同じだ」と感じる人ってこの世の中に必ずいるわけで。

そういった何か通じる人同士でコミュニティを作ったり、限定された空間で共に同じ時間を過ごせることって幸せの何物でもないと思うのです。

お互いの命の時間を共有しているわけですから。

それが芸能人であれ、一般人であれ。

同じ時代を選んで生まれてきてくれてありがとう。

そうやって色々な人と混じりあうことで新しい自分の要素へと変わっていく。

「そこに行かないと体験できない特別感」

というものもこれからのキーワードかもしれないですね。

月の示す蠍座はスタートの度数、なんと0度。

より魂の近いもの同志、引き合う者同志(共存できるバランスが合う)が集まって濃密な体験をしていくことが示されます。

1人であっても誰かがどこかで繋がりあってお互いの学びとなっていく。

今しかできない濃密な体験をたくさんしていきましょう☺

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

▼noteではサイデリアルと恒星を使って検証記録を執筆中

自分の星を知り、自分らしい人生を創造していくためのお手伝いをさせて頂いております☺

自分を知るということは、自分らしい道を歩みだす初めの第一歩です。

ピンと来られましたらご連絡ください。

➡詳しくは鑑定メニューからご確認ください

現在受付停止中です。

再開予定は6月下旬から7月上旬となっております。

 

▼更新情報・星関連・日々感じるメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

このブログよりも更新情報早いのでInstagramフォローお願いしますm(__)m

 

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨

このブログは以下の時間帯で主に更新しています!

19:00 明日の星の動きや新月満月の記事

お楽しみに( *´艸`)





ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。