自分軸と他人軸(エネルギーと周波数)



▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃

こちらの話はInstagram・note・アメブロにUPしたものを再編集し、こちらにUPしています。

私という占星術師がどのようなことを考えて占星術を取り組んでいるのかをこちらにもUPしていこうと思います。

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃

「自分軸が整うことは自分の魂のエネルギー/周波数を最大限に使うことが出来る」

と、前回のpostに書きました。

エネルギーとは

魂のエネルギー/生命エネルギー

であり自分の放つ、持っている周波数であり自分の軸でもあるのです。

しかし、たくさんある情報に惑わされて何が何だかわからなくなったり、他人の考えに同調したり自分には責任がないと逃げたり、自分は可哀想な人だと被害者意識が強くなると自分自身の考えから遠ざかり、他者を求めていることになります。

上に書いたことをもう少し分かりやすく書くと

・たくさんある情報に惑わされて何が何だかわからなくなったり
→自分の考え(自分軸)で善し悪しを判別出来ない

・他人の考えに同調したり
→自分で考えることをやめて他人の意見に合わせる

・自分には責任がないと逃げたり
→他人に責任を押し付ける

・自分は可哀想な人だと被害者意識が強くなる
→人の幸せを見ると惨めな気持ちになったり、悲劇のヒロインを演じる

と言ったように、自分とは別の場所に原因や問題の所在を求めて自分と向き合うことを拒否していることになります。

外(他者)ばかりを見て自分自身のことは見ているようで離れていってます。

つまり、自分の存在を否定している事になります。

自分を否定し続けるとどうなるか?

精神的な病いや身体的な病いになります。

外側の情報は見える分、分かりやすく判別しやすいですが、本当に大切なことは隠されたり、内側にあります。

もちろん、自分にとっての答えも自分の内側にあります。

たくさんの情報が行き交う現代ですからそのままを鵜呑みにせず、自分なりに考えて、感覚的に良いもの・悪いものを判別できる感性を磨きましょう。

*まとめると

「 エネルギー(魂/生命)/周波数/自分軸 」

は自分を”生かす”大切な原動力であり、常にここがブレていないか確かめることや日々の何気ない生活も丁寧に心地よく、そして軽やかに過ごしてみましょう。

「 エネルギー(魂/生命)/周波数/自分軸 」は下がりやすく、上げるのが難しいのです。

他人軸化が進むと自分の存在そのものを否定し、精神的・身体的な病気になることもある。

🌸外の情報を意図的にシャットアウトして自分だけの空間を作る。

(マッサージや瞑想、ヨガなどもgood)

🌳自然に触れて空気を感じて心地よい感覚を味わう。

🍀生活空間をなるべく綺麗に保つことやお香、アロマ、セージの葉などを使って鼻で嗅ぐことを取り入れる。
(嗅覚はただ単に”香り”だけでなく、善し悪しを嗅ぎ分ける力になります)

😋体に入れる食べ物にも気を使う。

(味覚は”美味しい”を味わうものではなく、自分の内側・体内に入れても良いのか悪いのかを確かめるもの)

🏃体を動かしたり、

🕊何もしない日を作ったり。

生活においてもバランスがとても大切なポイントですね🍀

「自分軸が整うことは自分の魂のエネルギー/周波数を最大限に使うことが出来る」

ここに戻ります。

人にはそれぞれの持って生まれた先天的な周波数がありますからどんなに上を目指しても持っているもの以上にはなりません。

それも自分の魂の選択であり、それが良いも悪いもないのです。

外側に求めるのではなく、誰かになろうとするのではなく。

✨あなた自身を生きること✨



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。 2021年は東洋占術の学びを強化し、健康という側面からの学びを深めています。 こちらのブログではなかなか記事を更新できていませんが、個人的なインプットが落ち着いたらアウトプットしていけたらと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿していますので合わせてそちらも見てくださると嬉しいです。