進化占星術で読むコペルニクスの学び②ノード編

占星術師のTomomi@tomomi_333489)です。

先日は「進化占星術で読むコペルニクス①」という記事を書きました。

まだお読みでない方は記事のリンクからどうぞ☺

 

前回の記事「進化占星術で読むコペルニクス①」

進化占星術の参考書籍・リンク

魂の設計図

新品価格
¥3,209から
(2022/1/15 22:24時点)

冥王星: 魂の進化成長の旅路

新品価格
¥3,153から
(2022/1/11 11:59時点)

*本文の中で何度か「この本」として触れている本はこちらのことです。

Jeffrey Wolf Green Evolutionary Astrology: EA Glossary: Guiding Principles of Jeffrey Wolf Green Evolutionary Astrology

新品価格
¥4,788から
(2022/1/18 13:48時点)

  • 佐々木りささんによるSchool of Evolutionary Astrology公認日本情報サイト

こちらの本の翻訳者。

導入部分の動画講座もされていて、私も受講済みです。

  • ホ◻︎スコープ研究所の相原あすかさん

また、翻訳班と共に公式サイトに投稿されている内容を翻訳してくださったものをUPしたり、魂の成長や占星術、哲学やこの世に伝わる叡智について様々な角度からのブログに綴られています。

どのサイト様も進化占星術を学ぶことにおいてとても参考になりますので、興味のある方はジャンプしてみてくださいね。

その他にも・・

マウリース・フェルナンデス(師はジェフリー)による進化占星学(意識の進化の占星術)を大旗ハルミさんによる講座などもあります。

コペルニクスのサビアンシンボル

サビアンシンボルについて

前回からの補足説明から始まりますので読みたい箇所からお読みください。

進化占星術×コペルニクス

魂の進化段階の推察

  1. 人間初期の学びまたは学びなおし(2~3%)
  2. 社会の中で生きる学び、家族、人間関係、社会性を身に着ける(75%)
  3. 個性化段階、個人力をつけていく(20%)
  4. スピリチュアル、目に見えないもの(世界)と共に生きる(2~3%)

以前、書いた記事の中に「魂の進化段階」について詳しく触れています。

この記事内の「3・個性化段階(天王星)」において「疑問を持ち、一般的なものから外れて自分の個性を高めていこうとする段階」「自分で発見すること」という部分に当てはまるのではないかと推測します。

「自分で発見する」ために様々な大学に通い、その後は叔父の勧め通りに聖職者となりながら、個人的な趣味として天体観測をすることは個人の力を高めていく動力になったのではないでしょうか。

コペルニクスが生きた時代背景

社会的・文化的・政治的な背景を推察することはその人の価値観にも通じています。

コペルニクスは1453年の東ローマ帝国滅亡からちょうど20年後に生まれる。

東ローマ帝国の滅亡は中世の終わりを意味し、キリスト教的宇宙観から、人間中心の宇宙観へと人間の意識が大きく転換を遂げていく時代の真っただ中を生きたのが、コペルニクスであった。

歴史の世界では西ローマ帝国が滅亡した476年から1453年の東ローマ帝国滅亡までを中世と位置付けているが、この約1,000年間は人類にとっては暗黒時代であり、科学でほとんど進歩のなかった時代である。(*一部・下部リンクより引用)

地動説で知られるニコラウス・コペルニクスの業績と生涯

1400年代を生きた人々はジャンヌ・ダルク、レオナル・ド・ダヴィンチ、ミケランジェロ、コロンブス、ヴァスコ・ダ・ガマ、マルティン・ルター、ヘンリー8世など。

日本では室町時代(応仁の乱などの時期)にあたります。

この頃、ヨーロッパでは封建社会の崩壊と共に黒死病(=ペスト)の流行によって人口が激減したようです。(その人数はヨーロッパの人口の1/3とも2/3ともいわれています)

前回の続きから始まります

前回の記事では長すぎるので「冥王星」に注目して書きましたが、今回の記事では太陽と月の交点である「ドラゴンテイル・ドラゴンヘッド」に注目して書いていきます。

ドラゴンテイルの位置とアスペクト

ドラゴンテイルには冥王星の欲求を満たすために前世で取った行動を表しています。

コペルニクスが前世どのような行動を取って来たのか・・ドラゴンテイル(牡牛座)は9ハウスにあり、牡牛座の支配星である金星は牡羊座8ハウスにあります。

「コペルニクスのサビアンシンボル」という記事において私は「過去」について触れています。

「コペルニクスの魂はコペルニクスになる前に自らの価値観や感覚・快不快はどのような時に感じるのかといった生きていく力を養い、高度な知識と能力を高め、自分の想い(本当に知りたいこと・真実)を見つけるために時間をかけてでも取り組んできたのでしょう。」

冥王星の欲求とは「乙女座の細かい部分に興味を示し、スキル習得をしたり、求められる役割を担う」といった生きるための仕事をする中で分析力や理解力を高めていき、社会の中で「自分にできること」を見つけてきたのでしょう。

その「自分に出来ること」とは、牡牛座金星8ハウスと繋がる月・木星の120度と蠍座天王星3ハウスと150度が手掛かりとなってくれます。

月と木星の合は明るく楽天的な性格で様々なことに興味を持ち、高度な知識や信仰心を育んだりしてきたことが伺えます。

裕福な家庭で様々な教育を受けていたこともあるかもしれませんね。

月・木星と金星の120度は様々な教育を受ける中、もしくは自ら学ぶ姿勢を持つ中で興味のある分野を見つけたり、価値を感じるものを見つけようとしたことが伺えますし、非常に魅力的でモテていたかもしれません。

金星と天王星の150度は芸術性の中でも音楽や周期的なリズムに興味を持ったかもしれませんし、人とは違った趣味嗜好があることがわかります。

ドラゴンテイルと水瓶座火星は90度を取り、反対側のドラゴンヘッドとも90度を取っています。

つまり、特殊アスペクトのTスクエアを取っていることになります。

Tスクエアは葛藤の配置です。

事件事故(戦争などの被害)に見舞われたり、批判や口論などによってあまり良くない経験をしてきたのかもしれません。

あまりにも突飛すぎる、時代に合わない考え方によって迫害を受けたこともあるかもしれません。自分らしい表現というものは今でこそできる世の中になってきていますが、できなかった時代もあったことでしょう。

ドラゴンテイルと魚座水星は60度を取っていますから信仰心を大切にしていきのかもしれませんね。

ドラゴンヘッドの位置とアスペクト

ドラゴンヘッドは魂の進化欲求を達成するための道筋を表しています。

コペルニクスのドラゴンヘッドは蠍座にあり、この蠍座には天王星・海王星があります。

蠍座の支配星は冥王星ですから、コペルニクスの魂が進化欲求を満たすための道筋としては冥王星が示す深い意図を見つけていかなくてはいけません。

今生は自力で取り組むのではなく、自分ではない他者との共有と深い関係による新しい変化を経験していく必要があります。

相手を見極めるためには時間が必要ですから人と関わることや相手を信用することが簡単にはできず、葛藤もあったことでしょう。

しかし、冥王星を満たすためには他者と繋がり、自分の考えを語るために、語るだけの内容が必要です。

彼の土台が整ったとき、彼が語る内容は夢や希望・ロマンあふれ、相手の心をつかむものとなったでしょう。

ドラゴンヘッドは水瓶座火星と90度を取る一方で魚座水星とは120度を取っていますから、今生はこれまでに表現しきれなかったことを天体観測によって理論と論理、そして観測という視点でデーターを集めていったのでしょう。

ドラゴンヘッドは人とのご縁を表しますから、自分の考えを著書にまとめて発表することはマニアックな人の心を鷲掴みにしたことでしょう。

ここまで書いてしばらく放置していたのですが、コペルニクスは1ハウスに冥王星を持ち、太陽や土星と葛藤の配置を取っている状態はこの世を生きる上ではとても辛いものであったと思うのです。

辛さと同時に「魂の意図」は痛いほど身に染みて感じていたとも読み取れる星の配置をしています。

ドラゴンヘッドのある蠍座には天王星と海王星もあります。

この時代はもちろん発見されていない星です。

土星以降のトランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)の力を使うなら、この世に縛られない自由な心と自らの欲求や望みを実現しようとする行動力が必要です。

既存の価値観や物質に依存したり、取得したもの(知識も含めて)を手放したくないという執念を燃やしていたとしたらトランスサタニアンの力は発揮できなかったでしょう。

物質や既存の価値観、守りに入っている状態や何かに捉われている心では知識を習得しても「またたき」としては現れなかったでしょう。

夢を追い続ける中で観測を続け、地道な努力をしたからこその功績だと私は思います。

「天球の回転について」全6巻

完訳 天球回転論

新品価格
¥51,040から
(2022/1/12 23:25時点)

天体の回転について (岩波文庫 青 905-1)

中古価格
¥1,618から
(2022/1/12 23:25時点)

コペルニクス・天球回転論

中古価格
¥5,713から
(2022/1/12 23:25時点)

 

今回はここまで

さて、ここまでコペルニクスの「ドラゴンテイル・ヘッド」に焦点を当てて読み解いてきたのですがいかがでしたでしょうか。

次回は「コペルニクスを進化占星術で読んでみる③・逆行天体の方向性」記事を書いていきたいと思っています。

ここまでお読みくださりありがとうございました☺

Tomomi

ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。最近は洋書漬け。星の動きはInstagramに投稿中。こちらのブログでは気になった人のホロスコープを読んだり、感じたことなどの徒然を。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。