2018/11~2020/05ドラゴンヘッド蟹座~すべてを慈しみ育む時間。愛の基盤を育むとき~



こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます

占星術師のTomomi@tomomi_333489)です!

早いもので5月も終わりに近づき、6月が始まりますね。GWが遠い過去のように感じます・・

最近ひしひしと感じているのがドラゴンヘッド蟹座とドラゴンテイルの山羊座からの影響。テイルには土星と冥王星が重なっていることもあり、より顕著に感じるのかもしれません。

ということで、過去に書いた記事をリメイクして本日の記事は「ドラゴンヘッド蟹座」についてです!

 

 

神秘の交わるポイント

 

ドラゴンヘッドというのは、月と太陽が交わる交点を示した部分です。以下のリンクにも詳しく書いてあるのでご覧いただきたいのですが、実際にあるポイントではなくインド占星術で重要視されているポイントです。

私の基本的な考え方として、今あるすべての理論は取り入れる価値があるという解釈をしているので取り入れています。

↓参考記事 ドラゴンヘッド・テイルについて

太陽と月が交わる場所は過去と未来をつなぐ場所

 

太陽は人生の方向性や目的を示し、月は過去、感情、潜在意識というように子供のように純粋に出てくる意識を示します。

二つが交わる場所ですから、様々な意識が入り混じっている場所のように感じます。

ドラゴンヘッドでは、今生の課題を示すとともに、縁や公衆との関わりを示し、

ドラゴンテイルでは、過去生で養われたスキル、手放す開放すべきことを示します。

ヘッドばかりを意識してもいけないし、テイルばかりを意識して使うのも良くない。どちらの力もバランスよく使うことがよりパワフルに人生を動かすことが出来ます。

 

さて、次は2018年の11月に蟹座に移動したことについて見ていきます。

2018/11~ドラゴンヘッド蟹座へ

 

現在、蟹座にあるドラゴンヘッドですが、約18.6年かけて12星座を一周します。

2017年4月まではドラゴンヘッドは乙女座にあり、2017年5月から2018年11月までは獅子座にありました。

つまり、去年の蟹座に移動する前は獅子座にありました。

獅子座でのキーワードは自分にスポットを当てるということです。誰かのために自分を犠牲にしてきた人も自分にふと立ち返って大きな変化の時を迎えていた人も多いのではないでしょうか。

”自分らしく輝く。純粋な自分へ還っていく。自信を持つ。人生の主役は誰でもない、自分自身”

ということに向き合ってきましたが、現在のテーマは大きな変化を迎えていますよ。

上のことを見つけ出した次は「育む」ことに変化しています。見つけた輝きをさらにパワーアップさせるためには愛情をもって育てていかなくてはいけないのです。

蟹座のキーワードは「守り育む力・大切な人・家族、仲間との絆・自分を守る強さ・自分の環境と基盤の安定化・居心地の良さと安心感・大きな愛・無償の愛・私生活を大切にする・感情との付き合い方・受け入れる・親しみやすさ・共感する力」ということが挙げられます。

蟹座は女性や子どもも表しますので、生活のために仕事も大切ですが女性は特に女性としての喜びと仕事との向き合い方が大きなキーワードとなるでしょう。

そして、自分の感情をしっかりと感じて日々の生活の中でブレを修正するように向き合うことも挙げられます。

感情を吐き出せる場所をもつけておくことやブレを感じたらちゃんと感じてあげることや無理をしないし過ぎないこと。ほっとするような時間を持つことでバランスを取ることもできるでしょう。

自分にとって大切な時間や大切な人、大切なすべてに深い愛情を持ってかみしめるように日々を大切に過ごしていくことが大切でしょう。

自分を大切にすることが出来れば、周りの人たちも大切にすることが出来ます。深めた絆は家族を超え、地域、社会、日本といったように広がりを見せます。

 

「愛国心とか国の伝統や受け継がれてきたものを大切にする」と以前書いたアメブロに書いていますが、特に今年は令和になり、新天皇が即位され、世界的に見ても「日本」という国が注目され、日本の歴史にも注目されています。

 

集団としての意識がぐっと高まる。

いや、高めていくのかもしれない。

とも以前の記事に書いています。

これから日本では大きなイベントであるオリンピックも控えているわけですが、日本人が”日本人の心”を思い出すことも大切な時のように感じています。

 

スピリチュアルブーム・パワースポットブームである今。

様々な人が神社仏閣に訪れる機会も増えて”日本の心”に触れる機会も以前よりも増えている現在ですが、神様にお願いをするだけでなく、意思の表明と感謝の気持ちを置いてくださいと私はアメブロでも伝えています。

八百万の神というように、日本には様々な場所に神様が宿っているという考え方があります。特別な場所だけでなく、様々なところに日本の心は宿っているのです。そして、日本の歴史と素晴らしい心が受け継がれているということに誇りを持ってほしいのです。

 

自分らしさを自分が受け入れて育むこと。

理解してくれる大切な人との絆、輪を広げていく。

みんな家族。みんな繋がっている。離れていても。

 

 

全てを育む時代を今歩んでいるのです

 

2020/05~ドラゴンヘッド双子座へ

 

2020/05/05からはドラゴンヘッドは双子座に移動します。

双子座は好奇心・移動・情報収集・コミュニケーションを意味します。それまでに心を育み強く、優しく、しなやかになることで次は柔軟に様々な世界を見聞きすることが出来るようになります。

心の土台が育まれることで、どのような情報を受けてもぶれることのない自分でいることが出来るのです。

 

これからは情報化社会と言われていますよね。

自分の中に正しい判断をすることが出来る知性があれば、流行や溢れる情報に翻弄されない自分でいることが出来るのです。

情報は新しい情報をもたらしてくれる場合と不要な情報をもたらす場合もあるのです。最近のテレビ離れは薄々気付いている人も多いからなのではないでしょうか。テレビよりもYouTubeの時代。テレビすらもYouTubeで有名な動画を流す時代です。

必要な情報と不要な情報を選ぶことが大切です。

 

それまでの間はあなたの心を磨いていきましょう!

強い心を育てていくこと。

大切な人たちとの関係を絆を深めていくこと。

 

仲間と共に愛の世界を広げていきましょう♡

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

次の記事でお会いしましょう!

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡

Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。