2019年9月23日秋分・太陽天秤座入り~鏡の中に見える自分~



ご挨拶&独り言

こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます

Tomomi@tomomi_333489)です♡

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、暑さも最近落ち着いてきました。朝晩はひんやりとしていて秋の空気を感じます。

彼岸の時期

上にも彼岸について書いたので「秋のお彼岸の時期」について紹介します。

Wikipediaによると、

雑節の一つで、春分・秋分 を日中とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日)である。この期間に行う仏事を彼岸会と呼ぶ。

と書いてあります。

秋の彼岸は9/20から秋分の9/23をはさみ、9/26までとなっています。

さて、本日はこの9/23秋分についての記事となります(*‘∀‘)

太陽天秤座入り(秋分)について解説していきます!

春分・夏至・秋分・冬至

まずは、こちらのお話を書いていきます。

西洋占星術では、太陽が牡羊座に入る春分のホロスコープはその年の一年の傾向を示すと言われています。

夏至・秋分・夏至に関しては3か月の傾向を示すとされ、今後の傾向を読み解くうえで春分同様に重要となっています。

つまり、この秋分(太陽天秤座入り)からの今後3か月の傾向が示されているということになります。

春分・夏至 記事リンク

↓参考記事 太陽牡羊座入り(春分)

2019/03/21宇宙元旦と天秤座満月~均衡を保つ心~

 

↓参考記事 太陽蟹座入り(夏至)

2019/06/22夏至・太陽蟹座入り~秋分までの3か月の傾向・軽やかに行動する~

 

太陽天秤座入りのホロスコープ

ホロスコープを見ていきます。

2019/09/23 16:51頃 太陽天秤座入り(秋分)

  • 太陽天秤座入り 7ハウス
  • 火星合(オーブ7)合として解釈しないならノーアスペクト
  • キロン(画像非表示)180度(オーブ4)
●現在逆行中の天体情報●
4/25~10/3 冥王星
6/21~11/27 海王星
8/12~2020年1/11 天王星

対人関係の活発化

今後3か月(12/22)の傾向として、対人関係やパートナーシップなど人と関わる場面においての活発化が特徴的です。

天秤座にとって7ハウスは本来の場所でもありますから、天秤座の意味合いが強く表れていきます。(天秤座の意味は下に書きます。)

私たち国民を示す月は蟹座にあり、蟹座の支配星は月です。

自分の居場所・自分の役割、仕事との狭間で悩むこともあるでしょう。

ただ、月は5ハウスにあり娯楽や趣味、楽しみなどに意識が向かいます。個人の趣味に没頭したり、レジャーやスポーツなども盛んになりそうです。

また、これからスポーツなども盛り上がってきますが心が一つになって応援することによって、自分にとっての大切なもの・家族・守りたいもののために強くなりたいと意識が向かいます。

突然の嵐や心の揺らぎなどのなかで見たくない部分や隠してきた部分が露わになっていき、荒が目立ち整えていくために努力をしていくことになります。

太陽は火星とオーブを緩めて重なっていると見ていくと人との交流が盛んになるのですが、天秤座には水星・金星もありますから交流が増えていく中で疲れてしまうこともあるでしょう。

人と関わることで自分を知ることが出来ますが、沢山のものを吸収し過ぎると情報過多になってしまい疲れてしまいます。

 

この太陽は火星以外を外すと傷と癒しを示すキロンと向かい合う形になっています。

これまで見えていなかったものが急に出てくることで軌道修正が必要となってきそうです。

「本当の自分」の思いを大切にしましょう。

目に見えないものの拡大

さて、ホロスコープのスタートを示す1ハウスと12ハウスの間は魚座です。

ここには海王星が重なり、射手座の木星と90度を形成しています。

今年の特徴として、重油やガス、火災、意識が無くなり事故を起こすなど印象的な事件事故が多いです。

海王星はゆらゆらと漂いつかめないものを示し、木星はガスで出来ていることと大きさから拡大を意味します。

スタートの場所に海王星が重なりますから、台風や雨、風にも注意が必要です。

圧迫感や心への打撃が予想されます。

負けない心と理想を想い描く

ホロスコープの頂点を示す9と10の間(MC)は、射手座であり、木星が重なります。

安定したものよりも自分の求めるものを見つけるためにチャレンジし続けることが大切となります。現状に満足してしまっていては広がりはしませんし、成長にも繋がりません。

チャンスを掴むためには自ら行動しなくてはいけません。

少しでも可能性があるなら、チャレンジしてみましょう。今は実らないとしても続けていくことでその行動が今後に繋がります。

いつ・どこで繋がっていくかはわかりませんが、無数に広がる沢山の選択肢は時々どこかで接点を持つときがあります。

ここで広げた世界が今後の土台となりますから、リスクを取ること、チャレンジをすること、今ある世界を広げていきましょう(*^^*)

逆行天体について

現在、逆行中の天体は全て土星よりも遠くにある天体です。

トランスサタニアンと呼ばれるもので、私たちが個人的にどうにか使えるものではないとされています。

10/3に冥王星の逆行は終わり、11/27に海王星の逆行が終わります。

11月の初めには情報やコミュニケーションの星・水星が逆行を始めますので、物事を進めたいことがあるならここまでに(10月中)動かしていく、情報を集めたり、動きを加えていきましょう。

逆行が始まると停滞感ややる気がなくなる、交通網・通信系の障害なども起こりやすくなりますので注意が必要です。

天秤座のメッセージ

天秤座は調和とバランスを重視していて、人から見られる姿をとても気にします。センスの良さや優しさがあってとても社交的。

一人がよくても、人と交流していくことになります。

キーワードは、対人関係、コミュニケーション、パートナーシップ、協力、調和、コラボ、契約、WIN-WIN、エレガント、マナー、美意識、ソウルメイト、訴訟、ビジネスなどがあります。

誰と関わっていくのかなど、不要な関係やお互いのバランスが崩れている部分が表に出てきそうです。

ただし、反対の部分でいうと、スマートな対応を心がける部分がありますから、誰にでも良い顔をしやすいので、自分の本心はどこにあるのかしっかりと持っておくこと。

ぶれない心が大切

人と関わることで自分らしさを削られるのは違いますし、そこから誰かを批判したりするのも違います。

誰もが、合う合わないというものがあります。

誰かの意見を聞いて、自分も同調するのではなく、あなたはどう思うのかが大切だと感じます。

天秤座の反対は牡羊座です。

全て鏡であり、陰と陽のように必ず別の世界(別の一面)があるのです。

人に合わせすぎていませんか?

人に対してジャッジを下す人は周りにいませんか?

この世界は同じものが引き合う世界です。

つまり、自分の中にも同じような部分があるということを周りにいる他の人が見せてくれているのです。

自分が出したものは必ず返ってきます。

そういった人と同じ場所に今後も居続けるのか。

誰と繋がっていくのかといったことも、これからの焦点になるでしょう。

まとめ

太陽天秤座入り(秋分)のチェックポイント
  • 秋分は秋の彼岸の真ん中の日
  • 対人関係やパートナーシップの活発化
  • 相手を知り自分を知る
  • 疲れたら自分に集中する
  • 自分の居場所と社会的な立場の葛藤
  • 自然災害に注意(雨・風・台風など)
  • チャレンジする、リスクを取る
  • 動くなら10月中までに(11月からは振り返り期)
  • 誰と付き合うかが重要
  • お互いに成長しあえることが大切

 

 ここまでお読みくださりありがとうございました★

自分の星を知り、自分らしい人生を創造していくためのお手伝いをさせて頂いております。自分を知るということは、自分らしい道を歩みだす初めの第一歩です。ピンと来られましたらご連絡ください。

▼更新情報・心に響くメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。