2019/04/25冥王星逆行開始10/3まで~人生の意味を見出す回想の時。自分らしい姿で社会の中で生きる~



こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます

Tomomi@tomomi_333489)です!

4月は様々な天体が動き、忙しい宇宙・・私たちも例外ではなく、様々なことが起きて悲しい出来事や想いを改めるような出来事も多いですね・・

さて、本日の記事は「冥王星逆行開始」についてです!

 

冥王星とエリス(惑星議論)

さて冥王星といえば、2006年に開かれた国際天文学連盟(IAU)総会の中で「準惑星」となり、これまでの「惑星」という定義から外されることになったというのはお聞きになったことがある方もいれば、もうすでに知らない人もいるかもしれませんね。

私が小さい頃は「水金地火木土天海冥」と覚えたのですが、今は海王星までですよね。

ことの発端は、冥王星よりも大きいエリスという星が発見されたことによって惑星の定義づけを見直すことになったのですが、このエリスは軍神アレスの妹でギリシャ神話の混沌・不和の女神の名がつけられています。

悪い意味ではなく、すべてのものが本来のあるべき姿なのか天秤にかけて公正なジャッジをするという意味ではとても正義感溢れる(軍神アレス、マーズ)要素がここに現れているのでしょう。

混沌とした、これまで見て見ぬふりをしてきたことにメスを入れることで、なにかしらの不和は生じるが、それが本来あるべき姿であると伝えているような星です。気付きをもたらす役割なのでかなり重い責任が伴うような星でもあります。神話の中での大きな戦争である「トロイア戦争」の引き金を作ったのですから・・(この話はまたおいおいします)

ちなみに、この星の公転周期は560年ということで現在「♈牡羊座」運行中。私の出生図では太陽と重なっています(;’∀’)ヒィ・・・!

冥王星とは

では、冥王星とはどのような意味がるのかというと、エリスと近いものがありますが、簡単に言うと「破壊と再生」です。

太陽系と銀河系をつなぐパイプのような役割を果たしていると考えられていますから、地球に全く新しいものを持ち込む(宇宙・銀河の意識)という意味ではかなり衝撃的で強力な作用をもたらす星です。

公転周期は248年、1つの星座には20年滞在します。

根底から覆し、変化からの変容を促します。

個人のホロスコープでいうと、自分自身が生まれ変わることで人生もガラリと変わるようなことを示します。その変容体験は課題やカルマといった魂の深い部分にも作用しているのです。

ただし、土星より外側のトランスサタニアンと呼ばれる星(天王星・海王星・冥王星)の力は意図的に使うことは難しいものがあります。

避けては通ることが出来ないとでも言いましょうか。。必要な時、必要な学びのためにやってくるのです。乗り越えることが出来れば、大きな恩恵がもたらされます。それは宇宙からの祝福でもあるのです。

土星ですら人生をかけて、苦手意識を乗り越えていこうとしているのですから、よほどの使命感や自分の本来の道に進んでいない限り使うことは難しいように感じます。使える人は上記の人と個人天体にアスペクトがある人です。

大きすぎる力に飲み込まれないように、人生をかけて訓練していこうとしている魂にのみ扱うことが出来るのがトランスサタニアンの力なのかもしれません。といいつつ、現代を生きる人でトランスサタニアンからの刺激が届かない人は一握りなのではないでしょうか。

冥王星山羊座のもたらすもの

これまで冥王星について書いてきましたが、現在冥王星は山羊座にあります。

山羊座に入ったのは2008年です。

占星術の世界では、この山羊座への移動によってリーマンショックという事例に当てはまるとして注目されています。

冥王星は破壊と再生、0か100かという究極の選択を選ばざるを得ない状況を創り出します。

山羊座は社会的地位、社会全体(国)など公の場所を示します。

これまでに培われたものを一旦見直す。社会として全体的な見直しの時期を迎えています。これまでは良かったけど、時代は常に移り変わり、様々な新しいものが生み出されていきます。

しかし、誤った使い方や間違った方向に地位が築かれているならそれなりの制裁が下される時です。

山羊座はホロスコープの中でも頂点を示します。ここまで築き上げてきたこと、沈んでしまって忘れてしまったようなことを浮き上がらせて見直しを図ることになります。それは今後の自分のためでもあり、新しく生まれ変わるチャンスでもあるのです。

乗り越えられない壁はない。

乗り越えた先にはしっかりと大きなものが待っているのです。

私たち個人個人の社会という大きな意識や大きな視点で物事を見るように本物の目(本質を見抜く力)を養うような力をつけていく時なのかもしれません。

逆行期間とサビアンシンボル

2019/04/25~2019/10/03

冥王星は23度から20度まで戻ることになります。

サビアンシンボルでいうと、数え度数となりますので24度から21度となります。

  • 山羊座24度サビアンシンボル「修道院に入る女」
  • 山羊座23度サビアンシンボル「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」
  • 山羊座22度サビアンシンボル「敗北を優美に認める将軍」
  • 山羊座21度サビアンシンボル「リレー競走」

社会の発展のためには物質だけでなく精神的な成長も必要。魂が喜ぶこと、ライフワークを見つける。↓

仕事が出来る力と精神力の高くするために力を尽くす。↓

現実を直視して逃げない。潔さを身に着ける。↓

好きなことを自分の役割として取り組む。(最終的にここを思い出す逆行となりますので、誰もが人生の中で大きな意味付けと自分自身を理解する力が求められています)

10/3は留めの状態となり、実際に動きがもとに戻るのは10/6以降となります。

惑星の順行から逆行、逆行から順行というように動きが加わる時が一番影響が出やすい時とされています。

”見直す”ことが突如として出てくることもあるでしょう。

逆行の意味

逆行は「見直しの時」

これまでを振り返り、心の中に潜むようなものを外側に出す時です。以前、Instagramにも上げた逆行中の注目ポイントを書いてみました。

  • 失敗をばねに成長していく・勝つことだけがすべてではない
  • 潔さ、引き際も肝心・自分の役割に集中する
  • 仲間と協力して成果を上げる・臨機応変
  • 能力アップに繋がる資格、スキルの獲得・責任感・自分を信じる
  • 可能性に賭ける・心を磨く
  • 無理そうな目標でも自分には出来る!と正面から立ち向かう
  • 期待と成果の因果を試す

 

など、山羊座の世界観である一個人としての生き方や社会の中での役割意識を改めることで本当に自分が目指すべき道筋を立てる、目的地の再認識のような期間になるのでしょう。

安心、安全、盤石だとされる生き方にも見直しがかかっている現在。一生安定という言葉はないのよ・・と冥王星は告げています。

人生という旅は安定や平穏といったその場に留まり続けることはないのです。大なり小なりの出来事が起き、私たちの魂は常に成長と進化を遂げているのです。

逆行開始時のホロスコープ

2019/04/25 3:46頃 冥王星逆行開始

  • 冥王星、土星合
  • 海王星と60度
  • ドラゴンヘッドと180度
  • ドラゴンテイル合

その他

  • 太陽天王星合
  • 金星水星合
  • 海王星火星90度

社会の中での根本からの見直し

逆行開始時のホロスコープを見てみると冥王星は山羊座の本来の場所である10ハウスにあります。

社会的な立場があったとしても、本当にそれでいいのかという見直しがかかります。どのような人でもモノでもそれこそ国でも・・です。

その見直しは根本的な部分を見直すようにとメッセージが届けられていますから、大きな変更点も見えてくるかもしれません。

ドラゴンテイルと重なりながらの逆行ですから、すべての過去を見返してみて清算する、手放すということも考えられます。

新しい自分自身へと変化するためには過去のものを引きずったままでは進めないのです。気持ちの切り替えのため、人生の中で固定させたいものを見つけるためにといった意味合いが大きいでしょう。

山羊座の反対である蟹座にあるドラゴンヘッドは今生の課題を示します。ドラゴンヘッドは蟹座の本来の場所である4ハウスにありますから、その意味合いも大きく関わってきます。

「感情、心、潜在意識、環境の安定、家庭、家族との絆、女性性、女性や子ども、何かを育む心、温かさ、優しさ」といったことがキーワードとなります。

過去、権力、力づくや強制的ではない社会や世界、着実な土台、基礎の完成、世代交代、バトンタッチ、引き際などへも影響を与えることでしょう。

山羊座に土星が入ってからたくさんの方の引退など一時代が終わるような感覚さえありました。

5月からは「令和」となり、新しい時代が幕を開けます。

太陽と天王星は人生を変化と改革を忘れず、独自の道を歩むようにメッセージを届けています。誰かに合わせた人生ではなく、自分としての想いを実現させていく。

他者ありきの世界観ではどうしても生きづらさを感じやすいものです。自分の中には無いのに相手にはある世界に合わせようとすればするほど、自分の首を苦しめることになります。

誰もが感じている「当たり前」や「一般的」という価値観すらも人によって違うのだということを理解していかなくてはいけない。

新しい時代はそうした個人個人の個性の輝きが必要不可欠なのです。

アセンダントにかかる金星は「個人の魅力、自分にとっての好き!」を求めて旅立ちなさい。と言っているかのよう。

自分の感性を磨くことで自分自身が作られていくのです。他者の個性は魅力的に映ったり、際立って見えるでしょうが、人ばかり見ていては自分の輝きを知ることが出来ないのです。

必ず、自分にとって必要な答えは自分の中にあります。

自分と向き合う時間の到来です。

この世界には科学や現実的な思考では解決できないことも多々あります。その解決できない世界に飲み込まれやすい、うっかり自分が自分でなくなる時が出てきやすい時です。

その自分が自分でなくなる感覚というのは、違う世界と繋がっているときなのです。(目に見えない世界などスピリチュアルなことでいうとね)

知らない間に意識が遠のくなんてこともあり得ますから、普段から瞑想や自分自身と向き合う時間、自分の精神世界の中で無邪気に遊ぶ心を心がけてください。自分の精神、心と向き合う時間を持つことで意識の揺らぎや心ここにあらずという状態を避けることが出来るでしょう。

運動したり、お皿洗いや洗濯ものをたたむ時など単純作業でもいいのです。心を無にして取り組める時間があることで心はスッキリします。

どこかで力を発散させないと人に危害を加えることにもなりかねないのです。力の使い方には注意を払いたいものです。

まとめ

さて今回は冥王星逆行について書いてきましたが、相変わらず長くなりすみません(;’∀’)

そういう時のための目次なので、必要な部分、これは読まなきゃ!という部分を見ていただくことであなたにとって必要なメッセージが届くでしょう。

簡単にまとめますと冥王星逆行中は「改めて個人の力や社会の中でどのような立場になりたいのか、自分の役割や使命について」考えることが多くなるのではないかと思います。

そして、考えたことの最終的な部分では「自分にとって好きなこと、楽しいと思えることに自信をもって取り組む」ことがあなたの使命であると気付くことになるでしょう。

誰もが「自分の使命ってなに?」と疑問にもつものですが、大きなお役目のように考えがちです。

ですが、本来は誰もが「自分」としての生き方に自信をもって幸せに生きることがお役目であり、使命なのです。

神様からのお告げのように諭されてその道に入るなんてものはまあなくてですね、自分にとって楽しいと思えることに自信をもって取り組んでいるときに様々なところからメッセージが届けられるのです。

必要なメッセージがポンっと届くようになりたいのであれば、自分の心に嘘をつかないこと。これに限ります。

嘘で塗り固められた状態では必要なメッセージも届きません。心に引っかかりもしないのですから。

純粋な自分の感覚を信じて、少しずつ自分を赦し、許可していくことが大切でしょう。

必ず自分の中に答えはあります

その答えが心の奥底に眠っている人もいれば、すぐに取り出すこともが出来る人もいて様々。

あなたの心の深い部分と向き合う時です。

今、何を感じますか??

 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

次の記事でお会いしましょう!

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

Tomomi

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。