2019/04/27水瓶座下弦の月~環境の違いを知ることで自分を知る~



こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます

刻々と進むときの流れの中で今新しい息吹を感じ、何かが花開くような時を迎えていると感じます。

Tomomi@tomomi_333489)です!

さて、4/19天秤座満月から約二週間経ちました。早いものですね。

参考記事↓

2019/04/19天秤座満月~新時代・価値観の崩壊がもたらす新しい道と新しい自分。理想の実現化~

 

本日の記事は「水瓶座下弦の月」から読み取れることについてです!

 

水瓶座下弦の月のホロスコープ

2019/04/27 7:19頃 水瓶座下弦の月

  • 月は牡牛座太陽、天王星と90度
  • 月9ハウス、太陽11と12ハウス
  • 金星と60度

 

立ち止ることはあっても、進み続けるのが私たちに課せられた地球人としての使命。人生に波があるから魂の輝きはより鮮明になるのです。

次なる時代が動こうとしている今、自分としての想いを大切に次に進む勇気や希望をもって理想を叶えていく強さが必要なのでしょう。

月の形が示すもの~下弦の月~

下弦の示す、月の形からのメッセージは

「満月までに得てきたことをまとめていく段階にあたり、大切な想いに意識を集中して不要なものを一つ一つ手放していく」

というもの。

天秤座の満月では強烈なエネルギーが降り注ぎ、私も感情の起伏がおかしかったり(特に悲しい出来事があったわけでもないのにうわっと込みあげてくるようなこととか意味も分からず涙したり・・)、酔っているような感覚になったり、、と、二度起こる天秤座の満月の理由がわかりました。

バランス・調和・平和・対等・愛

これらがこれからの世界には必要であり、男性性・女性性、陰陽など二極化しているものを統合していくことが強く表れているように思います。

水瓶座が示すメッセージ

水瓶座は独創的・広い視野・宇宙など一つにとどまった世界ではなく、広く大きな世界で人生を変化させていく力が強くあります。

 

天王星を支配星に持ち、改革、刷新、新たなる試みといった信念や理想の元、成し遂げる力と横のつながりを広げていくことで「仲間」を作っていきます。

「みんな友達」のような感覚で繋がる世界を広げていくのですが、誰とでもいいというわけではなくて”同じ理想を夢見る者”と繋がることでお互いに刺激を味わいながら前に進むことが「仲間意識」に繋がっていきます。

その刺激は多くの人と関われば関わるほど原動力にもなりますし、次の世界を目指すきっかけにもなるでしょう。

自由と博愛精神で次なる世界のため、次世代のために出来ることに取り組む。私たちは今、次の時代へと進む貴重な体験の時を生きています。

月は9ハウスにあり、精神性の向上や冒険するように世界を広げたいというような、学びへの意識が高く表れます。外に出ていきたい、身体を動かしたいなど直感的に思うやりたいことを取り入れることで新しい世界が広がりを見せます。

月のサビアンシンボル

月 水瓶座7度「卵から生まれた子供」

7度は対極(獅子座)にある物事の差を知るというものです。

卵から生まれた子どもということで、すべての人は宇宙の根源から生まれている。(ヘリオセントリックでいえば、太陽であり、スピリチュアルな世界でいえばグレートセントラルサンと呼ばれるような)

このサビアンシンボルでは、人間という一つの縛りで物事を見ないようにとメッセージを届けています。一つの価値観という縛りに当てはまろう、その何かに馴染もうとすればするほど違いが浮きたち、苦しくなるというのは誰もが経験したことがあるかと思います。

その浮きだったものというのは見方を変えれば「個性」であり、周囲と同じがすべて正解ではないということを伝えていますし、誰もが心の奥底で受け取っているメッセージです。

純粋な自分の中にある力を信じて進むことで大きな世界が待っているのです。自分らしさを表現できた時、たくさんの仲間が集い始めます。

その集った仲間たちはあなたを支え、あなたと同じ志を持った「グループソウル」と言われる存在なのでしょう。

それぞれの個性を受け止めることが出来れば、この世界は様々な人がいて様々な人がそれぞれの個性を活かしてこの世界を支えているということに気が付くでしょう。

同じような考えを持つ人だけがいては一つの価値観の世界にしかなりません。多種多様な世界があるかわ調和する・・それは究極の愛の世界でしょう。

太陽が示すメッセージ

太陽は目的意識、向かいたい方向性を示し、

太陽の位置する牡牛座は、五感などの身体の感覚を使うことやゆっくりと取り組む姿勢を表します。

 

参考記事↓太陽

太陽は輝かせてこそイキイキできる。生きる目的や方向性を示すカギ。

 

参考記事↓太陽牡牛座入り

2019/04/20太陽牡牛座入り~今あるすべてのものがメッセージ・新しい自分を感じる

 

太陽は11ハウスと12ハウスの間にありますので、どちらの作用もあると考えます。

11ハウスは仲間や理想を示し、12ハウスは潜在意識や目に見えない部分に焦点を当てるようにと促します。

 

魂の願いを自然と受け取り、叶えていけるような自分を目指す

強運体質とか引き寄せの法則というものが世の中にはありますが、「絶対わたしなら出来る!」「叶う!」という意識の持ち方はすごく大事です。

なぜなら、今の時代の変化とともに「思ったことがすぐ実現する」世の中へとシフトしてきているから。

だけど、自分は幸せになれない、幸せになってはいけないんだって思うとそこから抜け出せないですよね。かつての私もそうでした。

ですが、なぜ、幸せになれないのでしょう?

幸せになってはいけないのでしょう?

誰が決めたのかって、、自分自身なのですよね。

自分にかける言葉は自分自身の奥深くに刻み込む魔力があります。それは誰か相手に言っていた言葉としてもです。ですから、いつまでも否定する言葉を相手にかけていた(悪口とか)としても、自分にかけているのと同じです。

一番わかりやすいのは、自分自身の周りにいる人たちなのではないでしょうか。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、スピリチュアルな世界でも「波長」というものがあり、自然と同じ波長の人同士が引き合うのです。

同じ学びの人同士が今同じ時を過ごしているのです。

太陽のサビアンシンボル

太陽 牡牛座7度「サマリアの女」

このサビアンシンボルでは、落差の伴う世界から何か答えを見出すような意味があります。

相手を知ると自分と他者との差がわかってきます。差というのは時に差別を生んだり、自分にないものを得ようと努力したりするきっかけになるわけです。

差別や不平等など一見ネガティブに思えることも、人と違う部分を知り、受け入れることで、平等や調和といった世界を目指すために思案することが出来るでしょう。

 

内側の強さを確認するための手放しや意思の確認の時

信念、頑固さを強調できる部分があると人は強くなれるのです。それが自分を示す個性や特徴なのだとしたら、かなりの強みとなるはずです。

逆境を逆手にとって自分の感覚に磨きをかけていく時。

好きなものは自分の自信へと繋がります。

自分の感覚の示すことに意識を向ける時です。自分が自分として生きるための忍耐力を身に着けていくのでしょう。

どのような環境においても、自分自身に立ち返ることで本心に気付き、自信が蘇ってくるのです。

水瓶座下弦の月からのメッセージ

月は冷たい現実世界を目の当たりにして(土星、冥王星)「それでも自分はこの世界に進むんだ!」というような強い想いと、理想を追う姿が月に投影されているように思います。

あなたは今の場所に居てもいいの?もっともっと広い世界があるんだよ。外に出ることで知ることが出来るのに、知らないでもいいの?

視野を広げてごらん。

自分だけでなく、周りを見渡すことで自分と相手との差や出来ること出来ないことが見えてくる。その見えてきた部分や自分にしかないものは強みになる。

”揺るぎようがない自分”

どっしりと構えることが出来るような自信あふれる自分自身を見つけていく時のようです。

ホロスコープを見ていくと、上半分に固まる天体たちは「人と関わる世界」を表します。

牡牛座の太陽、水瓶座の月ともに他者との関係性から”自己”を発見します。

これが本来の自分だった。

忘れかけていたものを人によって思い出すのかもしれないですし、人と関わることが刺激となって目標を目指すきっかけとなるかもしれない。

それは人により様々ですが、自分だけの世界から他者も加わることで多くの学びが展開されます。

自分にとって好きと思えることなど、心を育める「好き」を楽しみましょう。

日々忙しい中でも好きなことを取り入れることは息抜きになりますし、何よりも自分の好きを実行することで自分との信頼関係が深まります。

好きなものは自分の目指したい場所を思い出させてくれたり、理想や夢を見させてくれるでしょう。まだない未来を思い描き、その先の物語を完成させるのはあなた自身です。

まとめ

さて、ここまで月と太陽が示すものを見ていきましたがいかがでしたでしょうか。

太陽は現在牡牛座を運行しています。

牡羊座から始まり、環境に馴染ませる段階に当たるのですが、誰もが新しい環境で馴染めるように日々、時間に追われるような生活をされていることと思います。

その中で、他者との関わりも増えたり、新しい人と接することがあったりと気持ちの面でも疲れが出てきやすい時です。

少し無理してるな・・とか頑張ってるな・・ということがあれば、自分を褒めてくださいね☺そして、自分の好きなものを食べるとか、リラックスる出来る時間を作るとか少しだけでも自分を労わる時間を作りましょう。

なぜかって、自分の心のためですよ☺

意外と周りの人の疲れはわかるのに自分自身は気持ちが張り詰めていて気付きづらいものです。無理や我慢はプライベートな時間においては必要な時と不要な時があるでしょう。

社会の中では多少の我慢をしなくてはいけないとしてもプライベートまでがちがちになってしまうと心はどんどん辛くなっていきます。

自分を労われるのは自分だけです。

癒しの時間を意識してみてくださいね✿

 

水瓶座下弦の月について以下にまとめます。

  • 大切な部分を意識して、不要なものは手放す
  • 自分自身を労わる
  • ゆったりとした時間を意識する
  • 二つに分かれたものをまとめる、統合する
  • 理想や夢と仲間との繋がり
  • エネルギーや周波数
  • 個性を極める
  • 一つの価値観に縛られない心
  • 思ったことの実現化スピード(ポジティブ大事!)
  • 信念と自信
  • じっくり取り組む
  • 体感する味わう
  • 楽しい!を取り入れる
  • 自然のある場所

 

以上、水瓶座下弦の月についてでした!

ここまでお読みくださりありがとうございました★

次の記事でお会いしましょう!

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。