2019/06/25牡羊座下弦の月~安心できる環境は全ての巡りを良くする~



こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます

Tomomi@tomomi_333489)です♡

先日、夏至を迎えました。

↓参考記事 夏至・太陽蟹座入り

2019/06/22夏至・太陽蟹座入り~秋分までの3か月の傾向・軽やかに行動する~

 

また新たな旅がスタートする。

スタートではあるけど、これまでの過程があったからこその新しいスタートだと言えますので、どうかご自身の理想・夢の実現のために今できることを取り入れていきましょう。

さて、本日の記事は「牡羊座下弦の月」からのメッセージについてです!

 

牡羊座下弦の月のホロスコープ

2019/06/25 18:48ごろ 牡羊座下弦の月

●月は牡羊座、3ハウス
キロン 合
水星・火星と120度
太陽と90度(下弦)
 
●下半分に集まる星々
∟内観、内省の時。想いを固めて実現へ。
 
●下弦の月
∟新月に向かって調整していく、手放していく

 

夏至を迎えたばかりですが、夏至の時のメッセージは「軽やかに行動する」でした。(タイトル表記)

太陽が3ハウスにあることからこのような書き方をしたのですが、今回の下弦の月も同じく3ハウスにあります。

春分と夏至ともに同じアセンダントでメッセージ性が強いと書きましたが、この下弦の月からも同じメッセージが届けられます。

夏至と下弦をまとめて、次の新月でスタートラインに立つという流れとなります。次の新月はスペシャルバーションの日食を伴いますから、この下弦での準備はとても大切です。

「好奇心・情報収取・移動」することで、気付くことがあったり、何かを手放したり、相手に合わせることがあったりと心の中は忙しくなりそうです。

月の形が示すもの~下弦の月~

下弦の示す、月の形からのメッセージは

「満月までに得てきたことをまとめていく段階にあたり、大切な想いに意識を集中して不要なものを一つ一つ手放していく」

というもの。

新月から始まり、上弦の月、満月を過ぎ、この下弦ではこれまでの成果を一つ一つ確認するように不要なものは手放していき、整理していく段階です。

全てを進みこむようにこれまで体験してきたことを味わっていくのです。

↓参考記事

6/3 双子座新月

2019/06/03双子座新月~自分に責任を持つ生き方へ。チャンスを掴むも逃がすも自分。自信をもって自分の力を信じて進みだす~

 

6/10 乙女座上弦の月

2019/06/10乙女座上弦の月~余白を作るためのあらゆる手放し~

 

6/17 射手座満月

2019/06/17射手座満月~満月は感謝と手放しの時。入り乱れるものから見つけ出す真実の光~

 

牡羊座のメッセージ

牡羊座の意味は「スタート、自我、自立、積極的、戦い、自信、起業、覚悟」などを表します。

牡羊座は12星座の中で始まりの星座ですから、手あたり次第チャレンジしていくことで学んでいく段階です。

失敗や不安といったものはなく、ただただ「やりたい!」という衝動や欲求のままに動いていく星座です。

この月のアスペクトを見ると蟹座にある水星と火星と120度という調和的な角度を取っています。

「護りたい想い」「仲間や家族、居場所。そして、絆」を意識していくことになるのですが、他者との関わり方に変化が起きたり、何らかのきっかけを通して変化を強いられることが起こりそうです。

再度確認することでより強固な自分自身を見つけて行くことが出来るでしょう。

月は傷と癒しの星・キロンと重なり、私たちそれぞれの心の奥に秘めていたような感情があふれ出てくるかもしれない。それでも、無視したりせずに自分の心を癒してほしい。満たしてあげて欲しいのです。

あの時「足りなかった想い」というのは、何年経っても心の中に大切にしまっています。どんなに開けたくなくても、ふとした瞬間に出てくるものです。

気付かないふりをしているといつの間にか大きなものへと変化してしまいますから、このタイミングで出てきた事柄があったならぜひ、自分に愛情をかけてあげてくださいね☺

太陽とは下弦なので90度を取ります。

急な出来事や緊張感を伴う様な状態ですから、心休まらないストレスのかかりやすい状態です。

自分にとって本当に心地よい場所であること、大切な家族や仲間との絆、自分の想いがちゃんと乗っているかということを再度確認してみましょう。

社会に出ていくためには自分の活動する場所が理想の環境であることや自分の想いがこもっているかが重要です。

月のサビアンシンボル

月のサビアンシンボルは牡羊座4度「隔離された歩道を歩く2人の恋人」となります。

4度は、環境に馴染むことで安定させていく度数です。定着させていくためには個人ではなく周囲に合わせていくことで安心感を養っていくのです。

このシンボルは、特定の相手との関係性が示されます。人でなくても一心同体のように何かに集中する時間を持つことで自分の時間を楽しむことが示されます。

同じ波長、同じような考え方の人、同じような感性の人・・自分にとって本当に「合う」かどうか再度確かめてみるのも良いでしょう。

太陽のメッセージ

太陽は蟹座にあります。

「愛情・家族・感情・居場所」が簡単な意味合いです。

太陽は7ハウスにあり、対人関係やパートナーシップの場所です。

 

春分は対人関係やパートナーシップを意味する天秤座の満月と同じ日でしたね。

↓参考記事 春分(太陽・牡羊座入り)・天秤座満月

2019/03/21宇宙元旦と天秤座満月~均衡を保つ心~

 

お互いを支え合い、認め合い、成長できる環境、他者との関係性が非常に重要であると告げています。

太陽のサビアンシンボル

太陽のサビアンシンボルは蟹座4度「ネズミと議論する猫」です。

ちょっと面白いシンボルですね☺

お互いに歩み寄る努力が必要だということですね。どんなに仲が悪くても、合わないなと思っても相手の立場になって考えてみたり、相手の話を聞くことで自分にはない意見や考え方を知るきっかけにもなるわけです。

 

初めから「こんなことを言っても聞いてもらえないし・・」と自分の心を閉ざしてしまうのではなく、まずは話し合ってみる

お互いの想いを伝えあってみることも大切なのではないでしょうか。

まとめ・メッセージ

まとめますと、、

  • 一つ一つ確認していく
  • 感情や記憶から蘇ってくる事柄を無視しない、向き合う
  • 何に自分の情熱を注ぐことが出来るのか確認してみる
  • 方向がずれていないか再度確認してみる
  • 仲間、家族との絆を意識する
  • 自分の情熱も大切ですが、歩み寄る心も大切
  • お互いに支え合い、認め合い、成長できる環境なのか確認する
  • コミュニケーションをとる
  • 情報収集や好きなことに没頭してみる
  • 自分の心と他者との関係性のバランスを良くする
  • 安定した強固なものにするために行動する

 

以上の事柄を意識して、次の新月(7/3蟹座新月)をすっきりした形で迎えることが出来ると更なるパワーアップに繋がるでしょう。

なんてったって、日食というスペシャルバージョンですからね☺

お互いの距離感を保ちたいから話さないよりは、お互いの想いを定期的に話して想いを共有することで絆は深まります。

コミュニケーションは大事ですよ☺

ピンクで強調♡

今となりにいる人との関係性を大切にしましょう。

以上、牡羊座下弦の月からのメッセージでした。

ここまでお読みくださりありがとうございました★

星たちはいつも私たちに明るいメッセージを届けてくれています。自分自身が持って生まれた「星」と出会う人々の「星」。

そして、その時々の「星」。

様々な「星」たちが影響しあいこの世界は創られています。

自分の星を知り、自分らしい人生を創造していくためのお手伝いをさせて頂いております。自分を知るということは、自分らしい道を歩みだす初めの第一歩です。ピンと来られましたらご連絡ください。

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

Tomomi

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。