2019/4/13蟹座上弦の月~心のブレからもたらされる本来の想いとは。方向性の見直し~



こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます

 

4/10は太陽と土星が90度という緊張感ある角度を取り、東京では雪と桜というほぼほぼ見ることのないようなミスマッチな情景だったようですね・・・!

 

Twitterやアメブロでもつらつらと書いたのですが、太陽と土星の90度のおかげさまで私はわりとバイタリティ溢れる一日を過ごせました!(いつも以上にパワフルに動けました。身体も頭も心も・・)

ただ、疲れもこれから出てきやすいと思いますので「自分を大切に」「休める時は休む」というオンオフの切り替えを意識したいものです☺

 

それから、ニュースと言えば「ブラックホールの撮影に成功!」には驚きですね!木星の逆行開始に合わせたように発表され、過去が明るみになる(アインシュタインの相対性理論が証明された)とか、山羊座土星、冥王星の闇に隠れた部分が明るみになるような現象とリンクします。

 

さて、本日の記事は「蟹座上弦の月」についてです!

 

 

月の形が示すもの~上弦の月~

月は太陽と90度を取っています。

空を眺めると、月は半分の状態で輝いています。

その反対に、うっすらと見える影の部分。

 

月は光と闇が混在する状態。

新月(4/5牡羊座新月)から「何かを始めたい」と勢いよく始めるも、八方ふさがりのような感覚でどこに向かえばいいのかわからない。モヤモヤとした闇の領域がまだ多くて悩む時を示します。

 

しかし、

自分の信念をもとに突き進むことで見えてくる思いがある。

 

それは、自分の理想とする場所へ繋がる光そのもの。

 

どんな障害も乗り越えるたくましい力が授けられています。

この力を利用してあなたは目の前の壁を乗り越えていくのです。

 

光と闇が混在しながら、満月に向かうためにもがきながら進むというメッセージをあなたはどう感じますか。

感じることに意識を向けてみましょう。

 

モヤモヤは原動力になります。

あなたの心は次に進みたいと願っているのです。

♋蟹座 上弦の月のホロスコープ

2019/04/13 4:07頃

 

・月は5ハウス

・太陽、月、土星・冥王星によるTスクエア

・画像にはないですが課題を示すドラゴンヘッドと月が重なる

月が示すメッセージ

月は私たちの感情や無意識や潜在意識に関わるのですが、今回の月は5ハウスにあります。

 

この5ハウスというのは、太陽のエネルギーに似ていて創造力や自己表現など何かを生み出す意味があります。それは自分にとっての楽しみや趣味といったものに取り組むことで何かの結果を作ろうとしていたり、ゲームやライブに参加することで人生の中に楽しみをプラスするようなイメージ。

 

自分にとって何をすることが楽しいのか?というのは、人それぞれ違うと思います。

外に出かけることが好きな人がいるとしたら、買い物の人もいればアウトドアなど自然の中に出かける人もいる・・私でいえば、占星術をする前はゲームが好きで最新ゲームに目を光らせていました✨

 

最近は本を読んだり、星の勉強に忙しくてゲームする時間が取れていないので悲しいですが(´;ω;`)

でも、そんな忙しい時ほど「遊ぶ!」が私流。

仕事と勉強と無意識に受け取るものをシャットダウンするためにゲームしてリフレッシュ。たまには好きなことをすることって次のモチベーション回復には大切な要素ですね♪

 

ただし、月は山羊座にある土星と冥王星からは180度向き合う形になっていますので、山羊座に土星が移動したことで見えてきたこれまでに培われた社会の物事を一旦見直して、長く続くように整えるという意味が強く、

私たち個人レベルで見てみても「社会・役割・天職・使命・仕事」というように、社会の中でどのような立場になりたいのかとかどのような使命を持って生まれたのかといった「仕事と役割」について考えなおす人も多いのが現状です。

私の鑑定では後者の「生まれ持った使命」をお伝えしていますし、実際にどのような「目的」をもって生まれてきたのか純粋に知りたいという方が多いです。

 

この月と土星、冥王星が向き合うことで徹底した努力や継続力、並々ならぬ集中力が必要で疲労困憊😨ストレスを知らないうちに受けていた・・!といったことも考えられます。

だから、どんなに些細な感覚も自分自身でチェックして受け止めてあげる必要があるのです。

 

Tスクエアの足りない1点は「天秤座」です。

何事にもバランスが大事ですし、一人で頑張ろうとしてしまうと空回りしてしまうこともあるでしょう。辛い時は人に頼る。人と交流することで八方塞がりも解決しような予感がします。

自分だけでは出てこなかった解決策が外に出ることでわかってくるのでしょう。

 

自分らしい人生を見つけよう、新しい生活に馴染もうとしていく時期ですが、自分、自分となってしまっては知識や世界観に奥行きが持てなくなります。

「ロジカル」に考えてみるのも一つの手かもしれません☺

月のサビアンシンボル

蟹座23度のサビアンシンボル「文学会の集まり」

23度は臨機応変に能力を発揮する度数で元々持っている能力が花開く状況を示します。

自分の中に沸き起こる「このままでいいのか」という感覚から様々な考えが出てくるでしょう。それは、安心できる場所に居続けることと自分らしい生き方を選び挑戦するのかといった選択を迫られるような状況です。

 

蟹座は家庭的な愛情や親しみやすさ、アットホームがキーワードですが、蟹座の支配星は月ですので、月の作用は大きくなりそうです。

 

満ち欠けするように、大きな揺らぎを感じる時。

その揺らぎから得られるメッセージに注目です。

 

安心できる場所では守り育む力が強まり、自分対誰かという状況では良い点と悪い点を見極めたり、自分を押し出すような力が強まるようです。

太陽が示すメッセージ

太陽は牡羊座にあります。

太陽は人生の方向性や目指したい方向性を示し、牡羊座は直感、行動力を示します。

太陽のある1ハウスは自分らしい生き方にエネルギッシュに取り組み、自分らしい人生を切り開いていこうというバイタリティ溢れる星の配置をしています。

 

方向性は自分の道を切り開くこと

いろんな意見が邪魔をして思うように動けないようなこともあるでしょうが、それでも自信をもって純粋な心で自分のなりたい姿をしっかりと持つことが試されています。

自分を主張することは、人に自分の意思を表明する宣言するということ。

なんだかわからないけど出来そうな感覚。

直観を信じて進むことで自分の心との調和を図るのかもしれません。

太陽のサビアンシンボル

牡羊座23度のサビアンシンボル「重く価値があるベールに隠された荷を運ぶパステルカラーの服を着た女」

ベールというのは女性のスカートを表していて、そのスカートの中はというと妊娠していることが「荷を運ぶ」に当てはまります。

まだ、実感としては湧いてこないですが、自分の中に確実にある「意思」が今か今かと外に出れる時を待っているという状況です。

 

自分の生命力を信じて、積極的に行動したり、自分の意思や信念を大切にして人生の向かいたい場所を目指すのです。自分の持っている才能や感覚的なことは人から言われると気付けるのですが、自分だけではなかなか気づくことが出来ないものです。

ですが、その感覚としてくる自分が良いと思うものや心動かされるすべてのことに自信をもっていくことは自分との信頼関係を深めていくことが出来るのです。

 

わからない・・迷ったときは人の手を借りてみるのも良いでしょう。

お互いに成長しあうために必要な出会いがありますし、人とのご縁は気付きや刺激を受け取る機会でもあるのです。

 

その中で、自分の信念を形成していくのでしょう。

満月を迎えるころには自信となっているでしょう。

上弦の月からのメッセージ

自分らしい道を切り開くためには安心できる場所から外に出なくては世界は広がりません。ここでは「次はどうしたい?」といった感情のブレが大きく現れそうです。

自分だけの安心できる場所で居続けるのか、それとも次の世界を目指すのか・・こればかりは自分に聞かないとわかりません。

 

素直に自分が感じる事柄に意識してみてください

 

どのような人も次のステップに進みたいという想いが根底にはあり、現状と合わせて考えた時に「無理・・」という想いも脳裏に浮かぶかもしれません。

 

しかし、今生の課題を示すドラゴンヘッドが重なる今回の上弦の月はキラキラと空に輝く満月を目指して道なき道を突き進もうというチャレンジ精神に溢れています。

辛いと感じることも、無理と感じることも、嫌だと感じることも次へ進むためには必要な過程です。

どのような人でも「不安や恐れ」はあるのです。

ただ、その怖れを超えてでも達成したい目標がある、信念や自信を持って突き進む力がある人たちが結果や成果を残しているのです。

 

自分が今生何を残したいのか。

どういったことで結果や成果を受け取りたいのか。

 

その答えは自分の中にあるのです。

だから、自分の心や内側から沸き起こる感覚に触れて、感じて、信じてみてください。

 

自分の心の深い部分と繋がることで必要なメッセージは届けられるでしょう。

心のブレからもたらされるメッセージはあなたの本心からのメッセージです。

 

街中で見聞きする気になる言葉、何度も見る言葉にアンテナを張り巡らせてみてください☺

まとめ

ここまでお読みくださりありがとうございます!

長々と記してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

次の満月「4/19天秤座の満月」までに意識したいことは以下のようなことです。

・もやもやからくるメッセージ

・心の揺れ動き

・自分にとってどの道に進みたいと願っているのか

・自分らしい道を切り開くには

・自信をもって胸を張る

・自分の中にある「意思」を尊重する

・人の手を借りてみる

・自分の中だけで解決するのではなく外の意見を取り入れる

・ストイックに頑張りたいとき

・深い領域で感じてみる

以上のことを意識してみてくださいね。

 

木星逆行の記事にも書きましたが、驚きのメッセージや意表を突くような想いが心の中を駆け巡るかもしれません。

 

心のブレが大きい時ですから、自分を労わること。

精神的な部分のケアをしましょう。

一人の時間を取るようにして見ましょう。

 

以上「蟹座上弦の月」から読み取れるメッセージでした!

 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

次の記事でお会いできることを心待ちにしております。

素敵な日々に繋がりますように。

Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

Tomomi

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。