2020年1月14日金星魚座入り~すべてに愛がある~



ご挨拶&独り言

こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます☺

Tomomi(@tomomi_333489)です♡

1月13日は「成人の日」ですね。

無事に成人を迎えられる新成人の皆様、おめでとうございます☺🎉

さて、

宇宙では次の日の1月14日に愛と豊かさの星・金星が魚座に移動します。

金星が魚座に移動することでどのような変化があるの??

金星が魚座に入った瞬間をかたどったホロスコープから得られるメッセージを皆様にシェアしたいと思います。

金星魚座入りのホロスコープ

2020/01/14 3:40頃 金星魚座入り

  

  • 金星 恋愛・豊かさ・五感・美意識(美しいもの)・職人気質・自然・贅沢
  • 魚座 想像力・夢・潜在意識・秘密・愛・スピリチュアル・占い・芸術
  • 金星3ハウス 情報収集・初級・身近な場所・コミュニケーション・移動
  • 金星×月 180度(積極的な働きかけ)
  • 金星×天王星 60度(可能性・成長・創意工夫)
  • 金星×火星 90度(緊張・突発的な事象)
  • アセンダントに重なる火星 射手座8度「岩やその内部で形成されるもの」知的好奇心と思考力

 

  • 複合アスペクト 緩いTスクエア 大きな困難と試練・意見の食い違いや対立
  • 複合アスペクト 緩いカイト 方向性を示す・物事が進みだす

 

  • 天体の偏り 北半球に集まる(プライベート、内面との向き合い)
  • 天体の偏り 東側に集まる(自分らしく切り開いていく力)

「動き出す」前兆・予兆

金星が魚座に入った瞬間のホロスコープでは、何かがこっそり動き出すような配置をしています。

船の帆のようなカイトと呼ばれる特殊なアスペクトが目を引きますが、

その横では秘密裏に何かが進んでいるような怪しさもホロスコープには示されています。

山羊座にある水星・太陽・土星・冥王星の中でも、水星が改革の星・天王星と90度を形成します。

太陽・土星・冥王星はどこともつながりが無い状態です。

力任せに暴走しないか心配です。

太陽はやや水星と重なっていますが・・

この世界に溢れるものの中で私たちが生涯のうちに知れることはどれほどあるのでしょうか。

知らないことの方がほとんどを占めるのではないかと私は思うのです。

世の中で流行るものは「誰にでもわかりやすいもの」ですが、

そのわかりやすいものですらごく一部の情報だとしたら・・・・

何が言いたいのかというと、

今知っていることがすべてではないということと、

表面的に見えている部分にも裏の部分が必ずあるということです。

「何が正しくて何が間違いなのか」は誰にも分りません。

それぞれにそれぞれの世界観が存在するのですから。

私たちそれぞれが自己の主張をしていかなくてはいけないのでしょう。

アセンダントに重なる火星

ホロスコープの左側・1ハウスと12ハウスの間はアセンダントといって私たちの意識のスタート地点を示すのですが(ここは個人のホロスコープで表すと魂の入った瞬間の場所です)、

射手座7度でぴったりと火星が重なっています。

サビアンシンボルでは射手座8度「岩や内部で形成されているもの」

情報をただ受け取るのではなく、自分なりに考えていくことや疑問を持つことで別の答えを見つけていくという意味があります。

このサビアンシンボルでは内部で形成される輝きを示しているのですが、

内なる炎(射手座の火)を燃やして、自分にとっての価値あるものを育てていこうとしています。

パワーストーンなどは見た目は綺麗で何か神秘的な力を秘めているように見えますが、

興味のない人によっては「ただの石」なわけですよね。

ですが、

パワーストーンは私たちには計り知れない月日を土の中で過ごし、様々なものを含んでいます。

この記事を書く前日に、松村潔先生の「ボディアストロロジー」の牡羊座の部分を読んでいたのですが、牡羊座は松果体にも関係すると書かれていました。

松果体は光を知覚できるので、直感的に理解が出来ると書いてあります。

松果体を活性化させると水晶のような輝きを持つのだとか。

自分なりに疑問に思うことと向き合う中で、これまで見えていなかったことに気付くこともあるでしょう。

あなたの中で感じるものをゆっくりと。

あなたの中にある輝きをじっくりと。

時間をかけて育てていくのです。

また、大きな変化の前触れをここからもメッセージとして届けられています。

ぶつかることで見えてくるもの

攻撃や対立など「戦い」もキーワードとしてあげられるでしょうが、その他にも個人間に当てはめると内面ので気付きに到達するために緊張感が示されています。

この緊張感無くして成長はありません。

刺激があってこそ、自分なりに考え、行動することができるのです。

達成したい、到達したい目標を決めて進むにはまずは乗り越えなければいけない、どうしてもここを通らなくてはいけないといった課題的なものとぶつかるかもしれません。

自分の力を信じて、取り組みましょう。

継続力あるのみです!

魚座の意味とは・・?

最後になりましたが、魚座についての解説をしていきます。

魚座は12星座の締めくくりを担当しています。

牡羊座から始まった魂の成長の段階もすべてをまとめ、統合して新しい自分へと生まれ変わるための「まとめ」と「そぎ落とし」のような意味があります。

なので意味としては、

目に見えない世界・幻想・夢・イマジネーション・精神世界

理解する・統合する・思いやり・祈り・癒し・ゆるし・貢献

無条件の愛・ヒーリング・治す・手放す・洗い流す

といったものがあります。

自分自身の内側にある感情を受け取る。感じ切る。

そして、

手放し、癒すという段階を踏んでやっと、新しい自分へと進むことが出来るのです。

自分にとっての秘密底知れぬ思いがあふれ出てくることで、

さらに自分自身の本当の想いに触れることになるでしょう。

その想いは「今だから出てくることが出来る」のではないでしょうか。

全てを包み込む大いなるものに抱かれ、

私たちはもとは一つだったと悟るのが魚座の世界。

切り離されたように見えても、みんな一つなのです。

無償の愛の光を届けましょう。

全てが一体となる愛の光と繋がるイメージ

温かい光に包まれているようなイメージをしてみましょう。

サーモンピンクのような光です。

ここはあなたが生まれる前の子宮の中であり、すべてのものの意識が混じり合う大きな光の世界。

この光の中ではすべてが一つに集まっています。

「個」ではなく「全体」の中の一部があなたです。

温かな光があなたを包み込みます。イメージをしてください。

あなたは大いなるものに包まれ、心の底から安心感を感じています。

一つではなく、すべて同じ。一つなのです。

穏やかな気持ちが取り戻せらた、イメージを終えてください。

そのあと、水を飲んでくださいね☺

水星魚座期間「1/14~2/8」

水星魚座期間
・1/14~2/8

2019年の金星魚座入り記事リンク

前回・金星水瓶座についての記事リンク

まとめ「すべてに愛がある」

蟹座の満月と同じく、今必要なメッセージは「愛」。

家族や仲間を越えて、、

もとをたどればすべてが一つだったという境地のような「」に立ち返ることを促されます。

去年は3月に金星が魚座入りしたのですが、今年は今のタイミングということで大きなメッセージを持っているように感じますね。

悪口を言えば、あなたのエネルギーは格段に下がります。

善い行いをしても、悪口で下がった分のエネルギーを取り戻すには倍以上の労力を伴います。

これまでのあなたの行いを改めてみましょう。

自分自身に愛を注ぎ、世界規模、宇宙規模で愛の光を届けましょう。

金星魚座入りのチェックポイント
  • 金星魚座期間は「1/14~2/8」まで
  • 変化の中でも自分の想い、主張を持ち、自分で考える力を付けていく
  • 情報をうのみにするのではなく、自分で考え選んでいく
  • あなたの中にある情熱を形になるように育んでいく
  • 何かが動き出す(予兆や前触れがある)
  • いざという時のために、今はじっくりと形を固めていくとき
  • 出てきた負の感情はゆるし、癒していく
  • 全てを包み込むような「愛」という光を思い出す
  • 光に包まれる安心感をイメージしましょう

 

ここまでお読みくださりありがとうございました★

▼更新情報・星関連・日々感じるメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨



ABOUTこの記事をかいた人

Tomomi

おこしやす。Tomomiです♡ こちらのブログでは星たちからのメッセージや占いに関する知識を執筆しています。Tomomiというフィルターを通した世界です。 西洋占星術、タロット、オラクルカード、カラーセラピー、ルーンを扱う占い師でもあり、天然石ブレスレットの制作、YouTube動画でホロスコープ解説をしている。 天然石ブレスレットはラクマ・minneにて販売中☆ ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 霊性を高めるにはまず自分自身に理解を示すことから始まります。 持って生まれた天空図には自分を知る手掛かりが沢山示されています。