2021年3月20日 太陽牡羊座入り<春分>



ご挨拶

こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます☺

Tomomi(@tomomi_333489)です♡

本日の記事は

3/20 太陽牡羊座入り

についてです。

(*誰にでも当てはまるというわけではなく、個人のホロスコープによって現れ方は違うということをご理解ください。人はそれぞれ持って生まれたホロスコープの形があります。)

3/20~3/29までの星の動き

2021年

  • 3/20 太陽牡羊座入り・春分・黄経0度
  • 3/21 金星牡羊座入り・蟹座上弦の月(1度)
  • 3/29 天秤座満月(8度)

全惑星順行期間

  • 1/14~1/31まで
  • 2/21~4/28まで

「春分の日」「春分図」とは?

今回はまずは「春分の日」「春分図」とは、から解説していきますので、飛ばしたい場合は目次からジャンプしてください。

まず「春分の日」とはWikipediaを調べるとこのようにあります。

「春分の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律(「祝日法」、昭和23年法律第178号)によって制定された。同法第2条では「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを趣旨としている。

この春分というのは占星術的には太陽が牡羊座に入る(黄経0度)となる日です。

昼と夜の長さがほぼ同じとなる日。

春分の日とは「占星術的な新しい一年のスタートの日」ですから、宇宙元旦や宇宙新年とも言われています。

これから私たちは誰もが牡羊座から始まる12星座の物語を経験していきます。

雑誌などの占いでは太陽星座や月星座を見ますが、私たちは12星座の要素を誰もが持っていて、太陽やその他の星が進むごとにその星座の要素を学んでいっています。

占星術の元をたどると宗教などが盛んになるもっと昔の古代文明に行き着くのですが、古代メソポタミア文明において「バビロニア暦」というものが作られ、牡羊座に太陽が入った日を一年の始まりと決めたのが始まりと言われています。

長年の研究が受け継がれた現在は、この「太陽が牡羊座に入った(春分)日のホロスコープはその一年の傾向」を表していると言われており、

その他、夏至・秋分・夏至に関しては3か月の傾向を示すとされています。

今回は太陽が牡羊座に入る(春分)ホロスコープから、2021年の傾向を読み解いていきます。



前回・魚座新月テーマは春分図へと引き継がれる

前回の魚座新月記事では「魚座新月図と太陽牡羊座入りのホロスコープが非常によく似ている」と書きました。

▼以下、引用

魚座新月のホロスコープと占星術でその年の一年を表す図として見る、太陽牡羊座入りのホロスコープが非常によく似ています。

ホロスコープのAC・MCというのは時間によって左右されます。

4分に一度変わりますから同じであることの方が珍しいのです。

似ているからこそ伝えたいことがあるのでしょう。

魚座新月

AC天秤座13度/MC蟹座14度

度数は若干違いますが、その差3度です。

太陽牡羊座入り・春分

AC天秤座10度/MC蟹座11度

太陽牡羊座入りのホロスコープだけでなく、その年の三か月ごとを表すホロスコープも見ていくと魚座新月・太陽牡羊座入り(春分)のホロスコープがいかに重要かが示されています。

太陽蟹座入り・夏至のホロスコープはAC・MCともに同じ度数です。

太陽蟹座入り・夏至

AC天秤座10度/MC蟹座11度

・ちなみに太陽山羊座入り・冬至も同じAC・MC。

太陽山羊座入り・冬至

AC天秤座16度/MC蟹座18度

ちなみに。

・太陽天秤座入りの秋分はAC(乙女座)・MC双子座です。

太陽天秤座入り・秋分

AC乙女座15度/MC双子座13度

ということで、新月のホロスコープが2021年とても重要だということがわかります。

では、2021年がどのような傾向があるのか見ていきます。


太陽牡羊座入り(春分)のホロスコープ

2021/03/20 18:39頃 太陽牡羊座入り<春分>

太陽牡羊座入り(春分)のホロスコープ

  • 太陽 目的意識・方向性
  • 牡羊座 直観・衝動・スタートダッシュ・自我の芽生え・純粋

  • 6ハウス 仕事・貢献・健康・役割意識・ルーティン・健康管理・整理整頓・ペット

★アスペクト

  • 太陽×金星・海王星 合(お互いの性質の強調)
  • 太陽・金星・海王星×冥王星 60度(可能性・成長・創意工夫)

★その他のアスペクト

  • 月×ドラゴンヘッド 合(お互いの性質の強調)
  • 土星×月・火星 120度(疑いなく上手く巡る)
  • 水星×火星 90度(緊張・突発的な事象)
  • 月×海王星 90度(緊張・突発的な事象)
  • 水星×天王星 60度(可能性・成長・創意工夫)

★天体の偏り

  • 天体の偏り 北側(プライベート、自分の内側を見つめる)
  • 天体の偏り 西側(他者からの影響)

特殊アスペクト

  • ASC×土星×火星×キロン 風のグラトラに火のキロンによるカイト

★天体のサビアンシンボル

  • 月 双子座17度「知力の頭に溶けていった健康の頭」
  • 水星 魚座7度「岩の上に横たわっている十字架」
  • 金星 魚座29度「プリズム」
  • 火星 双子座10度「落下する飛行機」
  • 木星 水瓶座21度「絶望し幻滅した女」
  • 土星 水瓶座11度「自分のひらめきと向き合う男」
  • 天王星 牡牛座9度「飾られたクリスマスツリー」
  • 海王星 魚座22度「シナイから新しい法則を持ち降りてくる男」
  • 冥王星 山羊座27度「山の巡礼」
  • ドラゴンヘッド双子座15度「会話している二人のオランダの子ども」

ASC・MCのサビアンシンボル

  • ASC 天秤座11度「眼鏡越しにのぞき込んでいる教授」
  • MC 蟹座12度「メッセージを持った赤ん坊をあやす中国人の女」

牡羊座の意味

・牡羊座

直観・衝動・スタートダッシュ・自我の芽生え・純粋・強い意志・男性ホルモン・先駆け

・身体

頭頂部から上あご(髪の毛、頭、顔の一部)・感覚的に伝わってくる直観力・松果体・第三の目

・チャクラ

第七チャクラ・第六チャクラ

牡羊座は12星座のトップバッター!ということで太陽は「スタート」の位置に戻ってきたことになります。

牡羊座の意味は「スタート、自我、自立、積極的、戦い、自信、起業、覚悟」などを表します。

新しい趣味が始まったり、新しい気付きがあったり、新しい感覚が芽生えたり・・といった「始まり」を体験しやすい時となります。

個の季節というのは、行事関連でもわかるように、卒業を終え、入学・入社など新しい学年へとステップアップすることで、これまで関わってきた顔ぶれともお別れをしてそれぞれが新しい道へと歩みだす時期ですね。

社会に存在する行事からも「新しい・スタート」を意識しやすいですし、前を向いて夢に向かってチャレンジする意識も高まるため、開拓精神がむくむくと出てくるでしょう。

これまでの自分だったら表現できなかったことも外に出しやすい時ですから、このチャンスは逃してほしくないな~と思うのです☺

新しくこういうの始めてみたい!といった、純粋な心を大切にしていただきたいです。

この時期に沸き起こる想い、というのは純粋な想いそのもの。

これまで魚座の世界ではお母さんのお腹の中にいて生まれるその時を待っている状態から、やっとの思いで身体を持ってこの世界に生まれてきた様子を描いているのが牡羊座です。

純粋に湧き出てくるものや楽しい!と思えることはあなたにしかわかりません。

誰かだ代わって達成したとしても、あなた自身で達成したものではありませんから感動も薄れるように、良いことも悪いことも、挫折も失敗も全てのことを経験するからこそあなた自身への経験値として蓄積されていきます。

純粋にやってみたい!という思いを大切にしてくださいね。


春分図テーマ:人間関係・健康・仕事など生活全般の調整の年

太陽/6ハウス

まず春分図で太陽がどこにあるかを見ると6ハウスにあります。

6ハウスの意味の意味は

仕事・貢献・健康・役割意識・ルーティン・健康管理・整理整頓・ペット

と言った意味があります。

太陽は私たちを照らし、自分を想い出すことを促します。

私たちが目指したい姿、獲得したい・習得したい姿を表しています。

人生を生きる上で常に問われているのは「自分はどう生きたいのか・どう在りたいのか」です。

雑誌の占い等で書かれている太陽星座というのは「なりたい・目指したい姿」ですから「今の自分とはなんだか違う、別人のよう・・」と感じることもあるでしょう。

自分の目的を定めるために問われ続け、別人のように感じるという葛藤を乗り越える必要があるのです。

2020年に意図せず感じ取ってきた違和感や自分に合わないものを見極めて整えていくことが2021年のテーマとなります。

必要なものと不要なものをしっかりと見極めて抱え込みすぎないように、自分を苦しめないように・・生きる力が問われていきます。

それは人によっては仕事として出る場合もありますし、仕事や日々関わる人との人間関係の中で感じる違和感からこれまでは気付いていなかった想いに気付いていくこともあるでしょう。

健康に関しては魚座新月でも生活のあれこれを書きました。

私たちが生きる上で大切な意識は「適度な運動・仕事や勉強・掃除など家事全般・栄養バランスの取れた食事・適度な睡眠・休息」などの規則正しい生活をまずは身に着けていきましょう。

2021年、一年に渡ってのテーマです。

生活をしていると仕事に追われて健康は二の次と思いやすいのですが、健康があるから仕事ができる、ということを忘れてはいけません。

去年は例のウイルスによって健康への意識や働き方、仕事の在り方など様々な面で考え方を変えていかなければいけない1年となりましたが、2021年も生活や仕事について偏った部分があるなら意識的に整えていくことが大切です。

感染防止の観点からテレワーク化が進みだした頃にこのようなTwitterを見ました。(ニュアンスはこのような文章でした)

毎朝行くことが嫌だと思っていたけど、外に出て歩くというのは良い気分転換になっていたのだな。

実際にテレワーク化が進むと家でずっと仕事をするわけですから通勤はしなくても良いという利点はあるものの、外に出て自然の空気を感じたり、外を眺める、、というのは自発的に取り入れなければ難しいこともあるでしょう。

「心身の健康を保つ」にはたまには外の空気を吸ったり、歩いたりして気分転換も取り入れなくては気持ちは滅入ってしまいます。

私は鑑定の際に太陽が強いホロスコープの方には「時々外に出て太陽の光を浴びてください」と伝えます。

太陽の力が雲で覆われてしまうと元気はなくなります。

夏の太陽は最近は暑すぎて浴びることは難しいですが(;’∀’)

私たち人間は太陽の光があるから神経のバランスが整ったり、体内でビタミンDが生成されたり・・と身体に良い働きをしてくれます。

「自らの心の健康・身体の健康を自分自身で管理する」というのは、簡単なようで難しいです。

人間は続けることよりも新しいものを取り入れる方が刺激を感じますから、日々続けることは難しいのです。

難しいからこそ意識的に取り組むことが必要です。

太陽と重なる金星

春分図では牡羊座入りした太陽に魚座ぎりぎりにある金星(金星は春分の翌日21日には牡羊座に移動します)があり、重なっている状態です。

金星の意味は

五感・価値観・恋愛・趣味・芸術・自然 など

を表していますから、あなたが生きる上で「そこに愛はありますか?あなたは価値を感じていますか?大切なものですか?」と問いかけています。

これまでは我慢していたことや後回しにしていたこともあなたの人生を豊かにしたり、喜びに繋がるものなら取り入れてみてください。

人生の中に趣味や楽しみを取り入れることはダメなことではありません。

人生を楽しみましょう。

その感覚はあなただから起こる感覚ですから、大切にしてください。

好きな音楽を聴いたり、芸術作品を見たり、作ったり、美容を取り入れたり・・興味が湧いたものやチャレンジしてみたいことがあったらどんどんチャレンジしてみましょう!

人生は一度きりですからね☺

相手を思いやる心を持ちを大切に、一緒にいることができる人へは感謝の気持ちを伝えてみましょう。

喧嘩したとしても自分はどういう思いを持っていたのか、ちゃんと伝えることも大切です。

地球という場所は思っていても全ては伝わりません。

言う・伝える・話すから相手に伝わりますからね☺

自分と同じ価値観でなくとも身近にいる人とは自分の想いをしっかりと伝えることも大切です。

お互いに違う面があるから学び合うことができます。

しかし、この金星はマイナスに出ると以下のようなことが考えられます。

執着・依存・浪費・外見を取り繕う・ごまかす・欲求不満 など

どちらかに偏ることなく、バランスを保つことも2021年のテーマですから意識したい部分ですね☺

また、太陽・金星・海王星は山羊座の冥王星と60度の調和角を取ります。

冥王星は破壊と再生・0か100かという極端な意味合いを持っていますが、冥王星は4ハウスにあります。

4ハウスは活動の基盤、心や感情・家庭・魂のルーツなどを表しますから、活動の基盤の根本的に生まれ変わるとか一旦0にしてスタートする、心や感情が生まれ変わるような大きな変化が起こりそうな配置です。

目的を持って進むときにはこれまでにないようなストイックでパワフルな力となってくれますし、人生の中で大きな学びが必要であれば大きな軌道修正となって表れます。

変化は誰しも不安や恐れを感じやすいものです。

社会の中でもどんどんこれまでの形は変わっていくのでしょう。

牡羊座支配星・火星×水星 葛藤の配置

牡羊座の支配星は火星です。

火星は双子座にあり、その近くには月があります。

ここに掲載しているホロスコープ画像には表示されていませんが、月は人々とのご縁や課題を表すドラゴンヘッドと重なっています。

→ドラゴンヘッド双子座/2022年1月19日まで

火星は衝動・攻撃など人間の本能的部分であり、外に出す力(男性性)・行動力を表しています。

対する水星はコミュニケーションなどの情報伝達方法・移動など動きの軽さを表しています。

どちらも動きが早いのでぶつかり合う(90度)と大変です。

言った、言わないといった収拾のつかない事態となったり、結果を急ぎ過ぎる様子が見て取れます。

ぶつかることで軌道修正することはできますが、修正が効かないことも多々あります。

言葉の使い方ひとつで他者を傷つけることにもなりますから、言葉の扱いにも注意したい1年です。

学ぶ姿勢へと転じることが出来れば大きな壁を乗り越えることができますが、この組み合わせは相手を批判したり、大げさに表現するという意味もありますから他者を傷つける方向ではなく、自分の目的に向かって努力する方向へと意識してみましょう。

過度な表現にも注意しましょう。

情報が目まぐるしく行き交う世の中で掴んだ情報を真に受けるのではなく、自分なりに考えることも大切です。

結果を急ぎ過ぎない、慌てない、しっかりと意思疎通を図ることが大切です。

火星×土星 調和の配置

牡羊座の支配星である火星は土星と調和的な角度を取り、物事のスタートであるASC(アセンダント)を含むとグランドトライン、牡羊座キロンを含むとカイトとなります。

キロンは傷と癒しを表し、対人関係を表す場所に位置しています。

蘇ってくるようなトラウマや心の傷と向き合うことで自分を知ったり、悲しみを乗り越えていくことで自分らしい生き方へと歩みだす人もいるでしょう。

牡羊座のキロンは「自分らしさ、自分という存在」を受け入れることが出来なかったり、そうした想いにブレーキをかけて自分を苦しめることに気付くきっかけをくれます。

太陽が進むにつれてキロンと重なっていきますから、自分の中にある隠れていた傷やトラウマが浮上してくることもある時期ですから、ここで出てきた想いはしっかりと向き合ってくださいね。

誰もが自分らしい人生を歩もうと生まれてきています。

あれはだめ、これはだめと他者を批判する人の中にはいますが、その一つ一つを全て聞いても誰かの望む姿になることは出来ません。

好きな人がいれば、嫌いな人がいるように、この世界は全てバランスで出てきていますから他者の意見よりも「あなたがどう生きたいのか」が大切です。

土星と火星は努力することができることを示し、あらゆる側面から考えて取り組むことができるでしょう。

「本当はこうしたい、こう生きたい、こうありたい、こんな体験をしていきたい」といった自分らしい人生を歩むための大切な想いを乗せて、船が出航する・・様子が描かれています。

ASC(アセンダント)サビアンシンボル♎天秤座11度「眼鏡越しにのぞき込んでいる教授」

アセンダントは意識の芽生え・基本的性質を表し、私たちが持つことになる意識を表します。

♎天秤座11度「眼鏡越しにのぞき込んでいる教授」

11度、外の環境へと自分の姿勢を押し出す

  • 相手の目線に立って察し、考えてわかりやすいように教える
  • 相手の話を聞く
  • 自分の知識や能力を他者のために活かす

物事の始まりであるアセンダントは天秤座です。

天秤座の支配星は金星です。

自分の価値を相手に押し付けるのではなく、お互いにがお互いにできる役割を担い、助け合えるような生活をまずは出来る人から心がけていきましょう。

小さい場所からコツコツと助け合うことや相手を思いやる気持ちを持って接することが出来ればその世界は広がっていくと思うのです。

争いの絶えない世界ですが、そうではない世界もある。

争いがない世界から徐々に自分にできることをして助け合う世界にしていきませんか。

平和・調和を実現させていくには日々の生活から一歩ずつ。

人には得意不得意がありますから、頑張りすぎず、ナチュラルな自分、出来ない自分を知って、受け入れて、出来ることからチャレンジしてみましょう。

かたくなに意地を張ってむすっとするのでもなく、出来な自分を責めるのでもなく。

そのままの自分でもいいんですよ。

弱い部分があっても、間違っても、失敗してもいいんです。

それが経験になっていきますから・・。

自分の価値観を高めていける1年にしていきましょう☺

MC サビアンシンボル♋蟹座12度「メッセージを持った赤ん坊をあやす中国人の女」

MCは結果どのような世界を目指していくのかを表します。

♋蟹座12度「メッセージを持った赤ん坊をあやす中国人の女」

12度、未知なるものの発見

  • 優しさと愛情を持って接する
  • 自分や相手の感情を深く観察して共感したりケアする
  • 素直な気持ちを大切にする
  • 先を読み誰も気づいていないものを発見する
  • 深い洞察力で可能性を探る

私たちが目指す方向性を示すMCは蟹座です。

この蟹座は太陽牡羊座入りした翌日の21日には蟹座で上弦の月を迎えますから、再び「感情や心・家族や家庭・愛情や育み育てたいもの」への再確認が促されます。

蟹座の支配星は月です。

月は双子座にあり、ご縁や課題を表すドラゴンヘッドと重なっています。

心を開き、他者と心での交流を、と言われているように感じます。

未知のウイルスによって家族や親戚と合うことがなかなか前のようにスムーズにはいかなくなった今だからこそ、家族や親戚との会話を積極的に取っていきましょう。

命は無限にあるのではなく、有限です。

大切な人と想いを共有し合えているという現実があると心は安心するものです。

女性の発言力や主張が増えたり、聞き入れられるような状況へと変化していきそうですし、女性の活躍も期待できそうな印象がある反面、女性だけのグループは取り組む課題も出てくるでしょう。

「内輪もめ」なども起こりやすいので相手を思いやる気持ちを1ミリでも多く持つことを意識してください。

根も葉もないうわさへと成長していくことも考えられます。

口は禍の元ですから、オフレコの場面であってもお互いのためにならないことなら言わない方が良いでしょう。

他者との関りも新しくなっていく中で親しみある仲間やグループへと成長していくことが予想されます。

新しい可能性を探りながら、育てていくことや柔軟性を大切にどのような状況でも対応できるよう心がけていきましょう。

そのためには様々な情報を知っておくこと、選択肢を増やしておくことも大切です。

この一年は「バランス・調和・健康」に気をつかいながら、家族や仲間、他者を思いやり、心や感情で受け取るものを大切にしてください。

2021年テーマ:人間関係、仕事、健康など生活全般を整える

  • 違和感や自分に合わないものを見極めて整えていくことが2021年のテーマ
  • 生活や仕事について偏った部分があるなら意識的に整えていくことが大切です。
  • 「自らの心の健康・身体の健康を自分自身で管理する」
  • 人生を豊かにするものを取り入れる(芸術・音楽・趣味・美容)
  • 偏ることなくバランスを意識する
  • 言葉の扱いには注意が必要(口は禍の元)
  • 情報を真に受けるのではなく自分で考える
  • 結果を急がない
  • 自分の中にある傷やトラウマと向き合うことで人生が進みだす
  • 他者との関係性の再構築
  • 心境、環境の変化
  • 他者の意見よりも「あなたがどう生きたいのか」が大切
  • 「本当はこうしたい、こう生きたい、こうありたい、こんな体験をしていきたい」
  • お互いがお互いに出来ることを尊重する
  • 日々の生活の中で役割分担して補い助け合う
  • 調和・バランス・優しさ・平和
  • 出来ない自分を責めなくていい、出来ることからコツコツと
  • 心を開き、交流する
  • 共感と大切な想いを共有する
  • 新しい可能性にかけて取り組む、育む
  • 様々な情報を取り入れ、選択肢を増やす
  • 女性の発言や主張など女性の立場の変化

社会はあらゆる面での調整が求められる

太陽がある6ハウスはマンデン占星術で見ると「職務・官僚・軍隊・労働・医療・食料・衛生」といった意味があります。

太陽は国家や権力者を表します。

社会面を見てみると問題は山積みのように感じますが、それらはこれからの時代に沿うような形へと調整が進んでいくでしょう。

働き方改革・オリンピックは開催するのか・医療(ワクチンや病気に対する指定感染症などの取扱)・報道の在り方・時短要請等への支援や行政の支援・学校での学び方やこれまで見てみぬ振りされてきた学校のルールなど・・日々の生活に密着した部分での変更が

こうして振り返ってみても新しい時代に沿うものへと変えていかなくてはいけない時期に入っていることがよくわかると思います。



ここまでお読みくださりありがとうございました★

▼noteではサイデリアルと恒星を使って検証記録を執筆中

自分の星を知り、自分らしい人生を創造していくためのお手伝いをさせて頂いております☺

自分を知るということは、自分らしい道を歩みだす初めの第一歩です。

ピンと来られましたらご連絡ください。

➡詳しくは鑑定メニューからご確認ください

→現在、鑑定受付は停止中です。

募集再開は7月ごろの予定です。

▼更新情報・星関連・日々感じるメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

このブログよりも更新情報早いのでInstagramフォローお願いしますm(__)m

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨

このブログは以下の時間帯で主に更新しています!

19:00 明日の星の動きや新月満月の記事

お楽しみに( *´艸`)





ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、現在では哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。 Tomomiというフィルターを通した世界から見える様々なホロスコープの可能性を追求しています。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 2021年は西洋占星術に加えて、東洋占術の学びを強化し鑑定にも活かすことが出来ればと思っています。 主にInstagram・Twitterでメッセージを投稿しています。