2022年6月7日乙女座16度で起こる上弦の月

ご挨拶

こちらの記事にお越しくださいまして、ありがとうございます☺

Tomomi(@tomomi_333489)です♡

本日の記事は「2022年6月7日乙女座上弦の月」のホロスコープを見ていこうかと思います。

5/30双子座新月から約一週間たちました。

新月は始まり、上弦の月は新たな発見の時です。

6/3水星逆行を終え、見かけ上では止まっているように見える時です。

水星に関しては9日ごろから動きが活発になっていきそうですよ。

6/5土星が逆行を始めました。

土星は社会を表す天体ですから、社会の出来事に対して見直すことが増えるのですが、社会にニュースに対して突っ込みのようにコメントが寄せられるということも起こっているようです。

ここ数年は「なんでやねん」と突っ込みたくなるようなニュースが多いような気もしますね。

個人間であれば、土星逆行をお持ちの方は自己内省するタイミングです。

自分自身を振り返り、自分の想いを確かめる時です。

月の形が示すもの~上弦の月~

月は太陽と90度を取っています。

空を眺めると、月は半分の状態で輝いています。

その反対に、うっすらと見える影の部分。

月は光と闇が混在する状態。

新月から「何かを始めたい」と勢いよく始めるも、

八方ふさがりのような感覚でどこに向かえばいいのかわからない。

モヤモヤとした闇の領域がまだ多くて悩む時を示します。

しかし、

自分の信念をもとに突き進むことで見えてくる思いがある。

それは、自分の理想とする場所へ繋がる光そのもの。

どんな障害も乗り越えるたくましい力が授けられています。

この力を利用してあなたは目の前の壁を乗り越えていくのです。

光と闇が混在しながら、満月に向かうためにもがきながら進むというメッセージをあなたはどう感じますか。

感じることに意識を向けてみましょう。

モヤモヤは原動力になります。

あなたの心は次に進みたいと願っているのです。

乙女座16度で起きる上弦の月

2022年6月7日23時50分頃、月は乙女座で上弦の月を迎えます。

ホロスコープ上の乙女座の場所というと6ハウスですが、この6ハウスまでは自分自身の活動基盤を表しています。

5ハウスは自らの内側(創造性)から沸き起こる想いを形にするために表現する場所です。

自分を表現しよう、外に出そうという行動力が無ければ、次の6ハウスに到達しません。

自分が出したもので誰かが喜んでくれる、誰かに伝わるという喜びを実感することで6ハウスへと繋がっていきます。

「誰かのために」「自分が持っている力で役立ちたい」という思いが、自分の仕事となったり、生活の一部となる場所が6ハウスですが、今回の乙女座は6ハウスではなく、他者との関係が始まる7ハウスにあります。

つまり、自分が持っているものとか貢献したいという思いを胸に「他者と共に何かをしたい」とか「実際に行動していきたい」と思いやすいのですが、なかなかうまくいかない&気付きが起こりやすいのがこの乙女座上弦の月となりそうです。

焦って行動しなきゃ、形を変えなきゃ、このままではだめだ!と社会の流れ、動き、他者を見ていると感じやすいときです。

90度の葛藤の配置を投げている太陽を見ると双子座にあり(6/6芒種となり双子座15度を迎えましたね!双子座期間折り返しです!!)、ホロスコープの底ICとピタリと重なっています。

「誰かのために」とか「誰かの役に立ちたい」という思いも大切ですが、「あなたの想いはどうなの?自分の考えを大切にしてね、気づいてね」と言ってるかのよう。

ICという場所は心の根底・無意識の一番深い部分・故郷・ルーツといった意味がある場所です。

日々、生きていると「誰かのため」という思いは少なからず出てきます。

家族のためだけでなく、職場の同僚とか上司のためとか、芸能人ならスタッフとかファンのためなど、仕事をすると自分以外の誰かのためにと動くことがありますよね。

「その想いが行き過ぎていないか」「過度に自分を追い込んでいないか」をこの機会に確かめてみると良いでしょう。

期待に応えるだけが美学ではありません。

自分が勝手に作り上げたフィルターにいかに気付けるか。

知って・気付いて・頑張れないことがあるなら無理にしようとせず時間をおいたり・できない自分を認める・他者に頼る(話す)といった別の視点を盛り込めるかが重要です。

知らずのうちに自分にかせていた思いに気付き、疲れているなら休む、仕事を減らす、1人の時間を作るなど無理をしない、適度に緩める、頑張りすぎない、何もしない時間も大事、自分を整えることを6/14射手座満月まで意識してみてください。

サビアンシンボル乙女座17度「噴火している火山」

最後にサビアンシンボルを見てみましょう。

乙女座17度「噴火している火山」

乙女座の完璧主義や他者に合わせる生き方の挫折体験

自分でも制御できないほどの大きな力を心の奥底に持っていて、溜め込みすぎたときに溢れ出てくる様子が描かれているシンボルです。

完璧さを求めるが故に自分を苦しめていたと気づき、自分の気持ちに素直になる時間が訪れます。

これまでの思い込みを壊し、一新していくことで新しい自分と出会っていくことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでお読みくださりありがとうございました★

▼更新情報・星関連・日々感じるメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

このブログよりも更新情報早いのでInstagramフォローお願いしますm(__)m

素敵な日々に繋がりますように✿

愛の世界をありがとう♡Tomomi🌈✨

ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。最近は洋書漬け。星の動きはInstagramに投稿中。こちらのブログでは気になった人のホロスコープを読んだり、感じたことなどの徒然を。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。