2024年の火星回帰・2年ごとの訪れる仕事のテーマ

占星術師のTomomi@tomomi_333489)です。

今回の記事は「火星回帰」(マーズリターン)について書いていきます。

火星回帰に気付いたのは一週間ほど前でした。

今後の展望や自分自身が改めて表現したい・形にしたいものとはなんだったか、なんだろうかと考える時間が訪れることで火星回帰が近いことに気付きまして、改めて過去に書いた「火星回帰」の記事を読み直しました。

ここで感じていたモヤモヤとやる気・・全ての答えがそこに記されていてとても感動しました。

これほど過去の自分に感謝したことはありません。

みなさまも仕事ややる気など自分が打ち出したいものを改めて客観的に考えることのできる火星回帰図を見直してみるときっと腑に落ちること間違いなしです。

なんせ、火星は行動の星ですから、行動した分、繋がる部分が沢山出てきて納得感も強くなります。

 

過去の火星回帰記事リンク

まずは火星回帰過去記事をリンクしておきます。

過去の火星回帰を振り返る

過去の火星回帰

まずは私の過去の火星回帰をまとめておきます。

  • 2016年10月
  • 2018年3月
  • 2020年2月
  • 2022年2月
  • 2024年1月

2018年は占星術師となって、ばむしゃらな時期。

2020年は自分にとってのわくわくを追求し続け、大きな学びをすることができた時期。

2022年は出会った仲間たちと輪を広げた時期。

2022年の火星回帰を振り返る

2022年は火星回帰図での火星は11ハウスで起こりました。

「11ハウス」というのは現在の私のテーマであり、それを伝えるかのように重複して伝えています。

  • 2020年の木星回帰図において木星は11ハウス
  • プログレス太陽11ハウス運行中

2022年からは11ハウス(天王星・水瓶座)が示すように、仲間たちと繋がりを意識したり、自分と合う人たちとちょうど良い距離感を保ちつつ、お互いに切磋琢磨できるような関係性を築いていっています。

理想や未来についても考えることがあり、考えるだけでは過ぎ去っていくだけということは深く実感していますから、思ったことや浮かんできた・ビビビっときたものは「とにかくやってみる」というスタンスで挑戦し続けています。

それが未来にどのような形となるか・・は分かりませんが、、たくさんの葛藤を通じて経験してきたことはきっと自分の力・資質の強化に必ず繋がっているでしょう。

考え方としては、11ハウス水瓶座ハウスとグランドクロスの関係となる場所にヒントがあって、90度なら2ハウス牡牛座・8ハウス蠍座ですし、180度なら5ハウス獅子座が強化されていることをヒシヒシと感じています。

特に2023年は獅子座・太陽の自分が好きなこと、楽しいことって何だろうと考えた結果、水瓶座・天王星の「マニアックな講座」を作成し、リリース致しました。

これまでは「鑑定書」という形あるものが私の収入源となっていましたが、ここに新しい形の私の価値観を表現できるもの(資質・持っているもの)が加わったわけですね。

実際の収入になっているか・・はさておき(^^;)

2023年は本格的な火星期突入(37歳)も相まって、より一層、火星の影響を強く感じています。

火星期:36歳~45歳

2024年の火星回帰

以前の記事で私は未来の火星回帰について言及していました。

”ちなみに2024年・2年後の火星回帰を見てみると1ハウスにあります。

これからの2年の取り組みを持って「これが自分!」と言えるものが出てくるのかな。”

2022年の火星回帰は火星・金星は11ハウスにあり、水星・冥王星・月は12ハウスにあり、太陽はACに重なり、その近くオーブ3度で土星がある状態です。

未来を形にするには太陽土星が示すように、自分自身が変化し続けなければいけないとものすごーく重く、生みの苦しみをたくさん味わった時期でもありました。

太陽と月は近くにあり、新月前ということもあり、つかみどころのない不安定さと情報の整理整(眠る)が必要な時期のようです。

私自身、新月前の生まれですが、ダブルで来るのは結構しんどかったですね。

この2年間、本当によく眠りました。

出来ることややりたいことはたくさんあるのに、体力が持たず、たくさん眠る時間もいつも以上に必要でその点も辛かったですね。。

ですが、今振り返ると過去の自分が未来の自分に託した言葉にあるように、「これが自分!」と言えるものを見つけた今、次の火星回帰図がとてもすんなりと身体に入って来るかのようです。

2024年火星回帰図

まず、A(アセンダント)のサビアンシンボルを見ると「射手座15度グランドホッグ」なのですが・・このシンボルを見た時にこれがまた、、震えるほどに当てはまっているのですよね。

今取り組んでいるものがいくつかあるのですが、いつ出そうか、出せそうか・・取り組みつつも、いつ頃にしようかと考えながら進めています。

ACには金星が重なり、華やかではあるものの海王星と90度ですから、すんなり形にはならない、ぽわんと浮かんだ状態のものも大いにあることがわかりますし、実際に現段階でそのまま。

形にしたいものはあるものの、そこまで手をつけられていない状態です。

ですが、火星は1ハウスにありますから、行動してなんぼですよね。

火星は木星と120度ですから、具現化する力はある。

ただ、やること多すぎ問題も出てきそうです(^^;)

太陽と月は新月後!

前回は新月前でしたから・・なんだか嬉しいぞ。

やっと動き出せる感じにわくわくします。

そのワクワク感を沢山体験するための経験をこれからどんどんしていくのだろうなという火星回帰図です。

特に今年は酒井日香先生のもとで超次元占星術を学びますから、これも行動の一つですね。

次の火星回帰:2025年

火星は約2年ごとに回帰しますが、次の回帰はイレギュラーなようで2025年12月。

太陽と重なり6ハウスで起こるので、仕事と健康も同時に意識しながらこの2年間を過ごしていきたいと思います。

火星期はとにかく動く時でもありますが、動くためには健康も大切ですからね。

ほんと、30代も後半にさしかかり身に染みて実感してます(^^;)

火星回帰の出し方について

火星回帰の出し方については過去に書いた火星回帰記事に書いていますので、参照してみてください★

12ハウスの意味

ハウス

意味・事柄

1ハウス

自分自身・外見・キャラクター・スタート・人生への姿勢

2ハウス

自分の才能・価値観・所有物・収入・金銭感覚・五感

3ハウス

コミュニケーション・精神的な興味・短期間の契約・近場の旅行・SNS・初歩・学び

4ハウス

家庭・家族・自分のルーツ・晩年・還る場所・環境

5ハウス

恋愛・趣味・自己表現・楽しみ

6ハウス

仕事・健康・ペット・奉仕・役割

7ハウス

対人関係・パートナーシップ・共同作業・ライバル・社交

8ハウス

遺産相続関係・ご先祖様・霊界・神秘的なこと・生と死・SEX

9ハウス

精神性の向上・海外・宗教・出版・技術・哲学・自由・冒険心

10ハウス

キャリア・ライフワーク・役割・使命・目的の達成

11ハウス

サークル・団体・理想・希望・研究会・SNS

12ハウス

精神世界・宿命・秘密・心の健康・見えない敵・セラピー・占い

火星回帰図鑑定書のご依頼について

以前の記事を書いた時はイメージが湧かないことと時間が取れないことも相まって、鑑定書出来たらいいのかも?くらいに思っていたのですが、今回は自分が体感することでイメージが湧いてきました。

火星回帰図鑑定書をご希望の方はご連絡くださいませ☆

過去の火星回帰・今回の火星回帰・次の火星回帰 3回分 5,000円で作成致します。

今回の記事はここまで

約2年ごとに訪れる情熱ややる気が起こるテーマは何なのかを知っておくと不安に思うことなく、自分にとって獲得したいことを伸ばしていけると思います。

ご自身の火星回帰を振り返ってみることや次の火星回帰を知って、今後の計画を立てるのも良さそうですね☺

ここまでお読みくださりありがとうございました☺

Tomomi

メルマガにご登録いただくと「限定記事」が読めます🌟

新規登録していただくと9日間で巡る星座の物語が配信されます。

ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。最近は洋書漬け。星の動きはInstagramに投稿中。こちらのブログでは気になった人のホロスコープを読んだり、感じたことなどの徒然を。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。