イングランド王・ヘンリー8世の6人の妻とトランジットの影響編③

占星術師のTomomi@tomomi_333489)です。

前回は「イングランド王・ヘンリー8世」のホロスコープ記事を書きましたが、今回は「6人の妻とトランジットの影響③」を読み合わせていきます。

今回登場するヘンリー8世の妻は、ジェーンシーモア・アンオブクレーヴスの2人です。

前回のあらすじとリンク

イングランド王・ヘンリー8世は生涯で6人の妻を娶り、婚姻中でありながら気になった女性と結婚したいがためにローマ・カトリックをやめてイングランド国教会を作り婚姻の無効を主張したり、妻2人を斬首刑にしたり・・なかなかヘビーな人物です(^-^;

前回記事リンク

年表

1491/06/28(ユリウス暦)誕生

1502/04/02 兄・アーサー死去(埋葬4/25・ウスター大聖堂)

1503/06/23 キャサリンとの婚約

1508~1516 カンブレー同盟戦争

1509/04/21 ヘンリー7世崩御・ヘンリー8世即位

1509/06/11 ヘンリー8世・キャサリンと結婚

1509/06/30 戴冠式

1532~1537 イングランド国王と教皇の関係の変革と、イングランド国教会の創設に関わる数々の法令を発布

1533/01 アン・ブーリンと結婚

1534/  国王至上法公布・イングランド国教会設立(正式にローマから分かれたのは1559年)

1536/05/19 アン・ブーリン処刑・翌日ジェーン・シーモアと結婚

1537/10/12 エドワード6世誕生 10/24 ジェーン・シーモア死去

1540/01/16 アン・オブ・クレーヴスと結婚 06/19離婚・キャサリン・ハワードと結婚

1541 アイルランド王となる

1542/02/13 キャサリン・ハワード処刑

1543/07/12 キャサリン・パーと結婚

1547/01/28 ヘンリー8世死去・55歳

6人の妻と世継ぎ問題

注目ポイント

  • イギリス王室は蟹座10度前後に惑星やポイントがある
  • 子どもが産めないのは女性の責任という価値観
  • ホロスコープ上の月(妻)の状態を観察する
  • この時代はユリウス暦(ホロスコープもユリウス暦で見ています)

兄が亡くなることで王位継承者として躍り出ます。

兄が亡くなった時のホロスコープは、ヘンリー8世ネイタルの水星土星180度に対して土星側に海王星が重なります。

水星を兄弟と考え、土星を厳しい病状と捉えると、トランジットの海王星という病・感染症を患うと読めます。

更に、ネイタルの冥王星に対して180度を取るトランジットの火星は生命の危機的状況を表し、この火星は涙の度数と呼ばれる29度を取っています。

即位したとき(1509年4月21日)は、「正午は最も縁起の良い時間とされた」ことから戴冠式や結婚式が行われることが多いようです。

この日、12:00でチャートを作ると、太陽と火星がMCと重なり、この国の王だと言わんばかりのチャートとなっています。

太陽火星に対して、海王星がスクエアを取っているのも気になるところ。

期待するものも大きいけど、それ以上に落胆もしやすく依存傾向も強くなります。

子宝は・・というと、8ハウスの天王星は突然死などとも関連しやすく、しかも若い年齢域を表す惑星たちによる小三角も気になります。(若い年齢域:月・水星・金星)

6ハウス海王星=健康上の問題があることが分かります。

5・6番目の王妃

5・キャサリン・ハワード

キャサリン・ハワード/Wikipedia

四番目の王妃と離婚して二ヵ月も経たないうちに結婚をしますが、相手となったのはまたもや侍女・・

四番目王妃アンオブクレーヴスの侍女であったキャサリンハワード。

キャサリンハワードは処刑された二番目王妃アンブーリン(処刑された)とはいとこ関係であり、三番目王妃ジェーンシーモア(エドワード6世を出産)とははとこ関係です。

この時、キャサリン18歳・ヘンリー8世49歳ですからかなりの年の差ですが、ヘンリー8世はとにかく若いキャサリンが可愛くて仕方なかったようです。(つまり、四番目王妃は気に入らなかったのでしょう汗)

キャサリンは名門ハワード家出身ではあるものの、両親が早くに亡くなり、その後親戚中でたらいまわしにされ、教育を受けるような境遇ではなかったようです。

王に見初められ、女王=幸せと思っていたところもあったのではないかとネット記事をあさっていると書いてありました。

王に嫁ぐとはどういうことかなど教えられていないキャサリンにとって、ラッキーなことだったのかもしれませんね。

➤1540年7月28日結婚

結婚時のホロスコープは、特殊アスペクトと言われているカイトとミスティックレクタングルがあります。

物事のスタートであるAC(アセンダント)に火星(行動・衝動)が重なり、この火星はノーアスペクトです。

アスペクトが無いということは、どの星とも繋がりがないということですから、そのエネルギーの出方は外に出るか内側に出るか検討がつきません。

しかし、マイナーアスペクトを拾うと金星と30度、月と144度、天王星と72度を取ります。

状況の変化がありつつも、状況に馴染み、取り組む様子が描かれています。

獅子座には水星・木星・太陽・天王星がありますが、反対側の水瓶座には冥王星(破壊と再生)と向き合う形を取っていますから、一時はよくても変わることを余儀なくされることが示されています。

獅子座・水瓶座の惑星の他に、双子座の月、天秤座の土星からなるカイトがあり、何かしらの動きがあることが示されています。

ヘンリー8世のホロスコープではネイタルの冥王星に対してトランジット(結婚時)の火星が重なる形を取っています。

キャサリンはかつての恋人であるトマス・カルペパーやフランシス・デレハムらと関係があったと国王の側近に訴えられ処刑されることになります。

➤1542/02/13 7:00処刑・キャサリン20歳

見物人に向かって最後に一言話すことができるのですがキャサリンハワードは「トマス・カルペパーの妻として死にたかった」と言ったと伝えられています。

妻を表す月は冥王星と重なり、獅子座天王星と180度、蠍座火星土星とは90度のTスクエアを取ります。

前回②の記事に書いたように、火星土星の合がTスクエアの頂点となっています。

牡羊座金星・海王星は月と冥王星、天王星に対して調停を作っています。

キャサリンにとって女王よりも、年の離れたヘンリー8世よりも、心から愛した人の妻になることが夢であったのでしょう。

結婚した時は獅子座にたくさんの星があったのに対して、処刑日には水瓶座に水星・冥王星・月があり、向かい合う星が作用していることがわかります。

また、ヘンリー8世のホロスコープを見ると、キャサリンハワード処刑日プログレスの月が水瓶座冥王星と重なろうとしている時でした。

6・キャサリン・パー

キャサリン・パー/Wikipedia

六番目最後の王妃キャサリン・パーは、二度の結婚と夫の死後、エドワード王子の教育係として宮廷に入ります。

三番目の王妃ジェーンシーモアの兄トマスシーモアと付き合い始め、宮廷に出入りするうちにヘンリー8世に見初められ、結婚に至ります。

トマスシーモアのことを知っていたヘンリー8世は、宮廷から遠ざけるために左遷しています。

王のことはもちろん知っていますから、求婚された時はとても迷ったそうですが、二度の結婚歴があり、共に夫に先立たれていることから承諾したと言われています。

ヘンリー8世は若い子ではなく、自分の余生を世話してくれる経験値のある女性を選んだそうです。

この時、ヘンリー8世51歳、キャサリンパ―31歳。

王妃となったキャサリンパ―は、最初の王妃・キャサリンオブアラゴンの娘メアリーや二番目の王妃・アンブーリンの娘エリザベスの地位の復権させたり、エドワード王子の教育環境を整えたほか、音楽などの芸術についての関心も導き出します。

キャサリンパ―は当時の女性としては珍しいほどの読書家で博識な女性でした。

キャサリンとは3歳しか年が違わないメアリーは、以前からキャサリンとは親しく、継母となったキャサリンとはカトリックとプロテスタントという宗派の違いを越えた深い信頼で結ばれていたようです。

まだ幼少のエリザベス(母アンブーリンは3歳の時に処刑)は、初めての母親らしい存在となったキャサリンに特に懐いたようで、彼女を「大好きなお母様」と呼んだ手紙が残っています。

どんな理由であれ、幼い頃に母親を亡くしている子女たちが王族としての教養を身に付けることができたのは、キャサリンパ―のおかげと言っても過言ではありません。

➤1543/7/12 12:00 キャサリンパ―結婚

Tスクエア二つ、ミスティックレクタングルが形成されています。

そして、7ハウスの海王星は今回だけでなく、、

  • 二番目の王妃アンブーリンとの結婚時
  • 三番目の王妃ジェーンシーモアとの結婚時
  • 四番目王妃アンオブクレーヴスとの離婚時

でも見られました。

アンブーリンの時は「男児を産んでくれる」という期待があり、ジェーンシーモアの時は次こそは「男児を産んでくれるに違いない」(しかし、ジェーンは感染症として現れる)という期待があった。

アンオブクレーヴスとの離婚時は肖像画と実物が違ったという過度な妄想として現れたのではないでしょうか。

そして、キャサリンパ―の場合は、「自分を世話してくれる女性」という期待といったように、7ハウスには人間関係において妄想や期待が通常よりも大きいことが伺えます。

蟹座には太陽と火星が重なり、牡羊座海王星と天秤座木星とTスクエアを形成しています。

天秤座の木星はAC(アセンダント)と重なります。

木星は幸福を表す星ですから、Tスクエアを形成しているとはいえ、ヘンリー8世にとっては幸福な結婚となったのではないでしょうか。

自分の期待通り、献身的に尽くしてくれるキャサリンの願いである、メアリーやエリザベスの地位の復権を聞き入れているくらいですから・・

ですが、キャサリンは異端者として逮捕される寸前で難を逃れたこともあったようです。

その後、ヘンリー8世は55歳で亡くなりますから、王妃となって4年余りということになりますね。

しかし、キャサリンパ―は権力には興味が無かったのか、かつての恋人・トマス・シーモアと4度目の結婚をし、初めて妊娠します。

この時、エリザベスとヘンリー8世の姪っ子ジェーン・グレイを養女として迎え、静かに暮らしていたのですがある時、エリザベスと夫が抱き合っているところを目撃してしまいます。

それからというもの、次第に精神不安定となり、娘を出産後すぐに亡くなりました。

➤1548/8/30 キャサリンパ―出産(時刻不明)

出産時のホロスコープは複雑に入り乱れています。

月は海王星と90度を取り、身体(月)に対して病気(海王星)の影響(90度)があることが分かりますし、土星とは150度を取っていますから、身体的負担が大きかったことが伺えます。

出産時ということは、この時生まれた子どものホロスコープということになるわけですが、メアリーと名付けられた娘だということ以外の詳細は分かっていないようです。

愛する人との結婚生活と愛する人の子を身ごもり、これからという時にかつての王妃の娘(エリザベス)と夫が抱き合っている姿を目撃するだなんて・・昼ドラのような世界です。

➤1548/09/05キャサリンパ―死去

キャサリンパ―は産後の状態が悪かったから亡くなったと言われていますが、エリザベスとの仲を戻そうとした夫によって殺されたのではないかと言われています。

エリザベスとの仲を持っておくことで、後々の後継者争いに有利になりますからね。。

ここまでヘンリー8世と6人の王妃たちについて書いてきましたが、なかなかのドロドロ具合です。

日本でも大奥があるように、世界でも同じように「男児」という世継ぎを産むことが大切だったということが伺えますね。

注目ポイントを振り返る

注目ポイント

  • イギリス王室は蟹座10度前後に惑星やポイントがある
  • 子どもが産めないのは女性の責任という価値観
  • ホロスコープ上の月(妻)の状態を観察する
  • この時代はユリウス暦(ホロスコープもユリウス暦で見ています)

イギリス王室は蟹座10度前後に惑星やポイントがある

  • キャサリンパ―との結婚時、蟹座火星24度太陽28度

キャサリンハワード・キャサリンパ―共に蟹座10度前後には惑星なしというのは意外でしたね。

蟹座という領域に惑星があるかどうかで見ると、後半度数に火星と太陽があります。

現・イギリス王室には蟹座に惑星を持つ人が多いです。

  • エリザべス王太合(金星蟹座7度)
  • エリザベス二世(冥王星蟹座12度)
  • エディンバラ公フィリップ王配(冥王星蟹座7度、水星13度)
  • マーガレット(木星蟹座12度、冥王星20度、月25度)
  • プリンセスロイヤルアン(天王星蟹座7度)
  • ウェセックス伯エドワード王子(ドラゴンヘッド蟹座7度、MC蟹座21度)
  • ダイアナ元妃(太陽蟹座9度)
  • ウイリアム王子(ドラゴンヘッド蟹座14度、太陽0度、月4度)
  • キャサリン妃(月蟹座18度)
  • シャーロット王女(AC蟹座5度)
  • ジョージ王子(木星蟹座5度、火星6度、水星13度、太陽29度)
  • ルイ王子(AC蟹座27度)
  • カミラ夫人(月金星蟹座10度)
  • ヘンリー王子(DC蟹座11度)
  • メーガンマークル(火星蟹座11度、AC24度)
  • アーチ―(ドラゴンヘッド蟹座20度)
  • リリベット(金星蟹座2度、火星25度)

首相

  • マーガレットサッチャー(冥王星蟹座14度)
  • ボリスジョンソン(ドラゴンヘッド蟹座2度、MC12度)

国として何らかの因縁が集まる場所が蟹座なのでしょうか・・

ホロスコープ上の月(妻)の状態を観察する

キャサリンハワード結婚時のホロスコープでは月の状態はさほど悪くはありませんでした。

60度と120度ですから単純に考えると良い結婚ですが、120度は曲者です。

自分が思う以上に事が進みすぎてしまうことが現れています。

そして、処刑日のホロスコープでは月は破壊と再生の冥王星と重なり、天王星とは180度を取っています。

何度も言いますが、この時代には天王星・海王星・冥王星は発見されていませんから、占星術師ももちろん考慮していません。

ですが、はっきりと影響があることがわかります。(見つかって無くても影響しているって怖いですね)

そして、この月は火星土星から90度となり、マレフィックとの凶角ばかりとなっていました。

キャサリンパーと結婚した時は、月は金星と90度を取るのみで月に関する他のアスペクトはありません。

6人の王妃の結婚式のホロスコープを見比べてみると、最初の王妃キャサリンオブアラゴンとは長く離婚できずにいましたが、月のアスペクトは調和的な配置があり、五番目の王妃キャサリンハワードとの結婚時も調和的な配置でした。(ただし、キャサリンハワードは処刑されている)

月が凶角を取る結婚時のホロスコープは下記。

  • 二番目王妃アンブーリン結婚時
  • 三番目王妃ジェーンシーモアとの結婚時
  • 四番目王妃アンオブクレーヴスとの結婚時
  • 六番目王妃キャサリンパ―との結婚時

ヘンリー8世のさじ加減一つで生と死がひっくり返るような世界だったのでしょう・・そのような世界で妻を表す月が凶角を取るのも納得がいきます。

他にも様々なチャートを見ながら、結婚式時のチャートの有効性など調べていけたらと思いました。

今回の記事はここまで

イングランド王であり「狂気の王」と呼ばれたヘンリー8世と6人の王妃について記事を三つに分けて書いてきました。

星として繋がりがあったとしても、良い座相や悪い座相があったとしても「本人の意志」の方がはるかに大きく、人生を左右しているということがわかります。

不誠実な面があれば、誠実であることを学ばなければいけません。

ヘンリー8世は君主という立場を良いことに国の宗教を変えたり、6人の女性と結婚離婚を繰り返しましたが、本人にとってそれは幸せなことだったのでしょうか・・そんなことを思いながら、この記事をしめたいと思います。

次回は「イングランド王・ヘンリー8世のサビアンシンボル」を書く予定です☺

 

▼更新情報・星関連・日々感じるメッセージは下の「Instagramをフォローする」から♪

このブログよりも更新情報早いのでInstagramフォローお願いしますm(__)m

素敵な日々に繋がりますように✿

Tomomi🌈✨

 

エリザベス [Blu-ray]

新品価格
¥973から
(2022/6/24 16:54時点)

エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]

新品価格
¥945から
(2022/6/24 16:54時点)

ふたりの女王 メアリーとエリザベス [Blu-ray]

新品価格
¥960から
(2022/6/24 16:54時点)

ABOUTこの記事をかいた人

おこしやす。Tomomiです♡ 西洋占星術を学ぶうちにあれよあれよと占星術師となり、哲学・物理学・宗教・心理学・数学・歴史・神智学など多岐に渡る書籍とにらめっこの日々。最近は洋書漬け。星の動きはInstagramに投稿中。こちらのブログでは気になった人のホロスコープを読んだり、感じたことなどの徒然を。 ”持って生まれたホロスコープには自分が体験したいと願ったことが秘められています。迷ったとき、自分の感覚に自信がないとき・・生まれた時の天空図には「生きていくためのヒントや方向性」が記されています。” 私は魂の意図を読み取り、鑑定書を作成しています。